著者
佐藤 啓介
出版者
日本宗教学会
雑誌
宗教研究 (ISSN:03873293)
巻号頁・発行日
vol.86, no.2, pp.299-322, 2012-09-30

本稿は、世界における悪(とりわけ自然悪)の存在を考える思索について、神の正当化を目指す狭義の神義論から区別し、悪の存在に対する抗議をおこなう思索を広義の神義論として定義し、そうした抗議の声に含まれる宗教哲学的な原資を探るものである。私たちは、自然悪について、自然への謙譲には収まらない抗議や不満を覚える。バーガーによれば、その抗議や不満の根底にあるのは、神の義から切り離してもなお要求しうるような、悪の意味の要求である。だが、この悪の意味は不明確な概念であり、アンリによれば、悪の外的な意味と受苦の内的な意味を区別すべきであり、後者の受苦は、生そのものの成立に関わる超越論的構造に組み込まれるべきものである。他方、外的な悪に対する苦しみへの宛て先のない抗議は、ネグリに従えば、悪の意味の要求ですらなく、悪を不公平と感じる尺度そのものへの反抗であり、尺度を超えた尺度の主体と世界の存在論的生成の契機なのである。

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 自然悪の苦しみと宗教哲学 : 神義論的問題の再編成へ向けて(<特集>災禍と宗教)(佐藤 啓介),2012 https://t.co/7A9uLXQDLx
こんな論文どうですか? 自然悪の苦しみと宗教哲学 : 神義論的問題の再編成へ向けて(<特集>災禍と宗教)(佐藤 啓介),2012 https://t.co/7A9uLXQDLx
こんな論文どうですか? 自然悪の苦しみと宗教哲学 : 神義論的問題の再編成へ向けて(<特集>災禍と宗教)(佐藤 啓介),2012 https://t.co/7A9uLY8fa7
こんな論文どうですか? 自然悪の苦しみと宗教哲学 : 神義論的問題の再編成へ向けて(<特集>災禍と宗教)(佐藤 啓介),2012 https://t.co/fA8zUzxhJp
こんな論文どうですか? 自然悪の苦しみと宗教哲学 : 神義論的問題の再編成へ向けて(<特集>災禍と宗教)(佐藤 啓介),2012 https://t.co/fA8zUzxhJp
興味おありなら私の尊敬するフランス現代思想と宗教哲学ご専門のこの先生の論文とかどぞ。 CiNii 論文 -  自然悪の苦しみと宗教哲学 : 神義論的問題の再編成へ向けて(<特集>災禍と宗教) https://t.co/N4DyL0PnJP

収集済み URL リスト