著者
川野 佐江子
出版者
大阪樟蔭女子大学
雑誌
大阪樟蔭女子大学研究紀要 (ISSN:21860459)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.147-158, 2013-01-31

本論文は、大相撲(財団法人日本相撲協会が挙行する本場所と呼ばれる相撲競技会)に出場できる力士たちの"よそおい"に着目することで、従来のヘゲモニックHegemonic な男性性「男らしさ」が今、どのような状況にあるのかを論じることが目的である。力士の"よそおい"とは、髷と着物を中心にした階級社会制度の視覚化である。それは、「全体」としての制度に従う力士の状況を説明するが、一方でその制度から覗く隙間に、力士の「個」としてのアイデンティティを表出したいという欲望を生じさせる場として捉えることが可能だ。そのように、"よそおい"の制度が、「全体」を意味するものから、それがゆえに「個」を表出させるものへと変容する状況を、従来の「男らしさ」がそれのシニフィエである〈マスキュリニティ〉へと変容することと重ねて論じていく。

言及状況

Twitter (4 users, 5 posts, 7 favorites)

メディアや写真等で当たり前に見受ける力士の着姿は実は各お相撲さんが可也気を使っている事が窺える考察。若干実際とは違う部分はあるけれどね。 https://t.co/H0B3djle8e
CiNiiを漁ったら、以前『力士のよそおいとマスキュリニティ』 http://t.co/s6WLJ3TjZe という論文を書かれていた川野佐江子准教授の新論文があった。『大相撲とその力士の身体表象に関する研究』だそうです http://t.co/bhMWfFtSQS #sumo
なにこの論文おもしろそう/CiNii 論文 -  力士の"よそおい"と〈マスキュリニティ〉 : ライフストーリー・インタビューからの研究 http://t.co/WYF0Qqpdtw #CiNii
CiNii論文 - 力士の"よそおい"と〈マスキュリニティ〉:ライフストーリー・インタビューからの研究/大阪樟蔭女子大学学芸学部 被服学科 川野佐江子 http://t.co/4xM8ojxVRB 面白い。インタビューに答えている、若い力士たちの「美意識」も興味深い #sumo

収集済み URL リスト