著者
江田 英雄
出版者
一般社団法人電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会誌 : The Journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (ISSN:09135693)
巻号頁・発行日
vol.96, no.9, pp.694-698, 2013-09

近赤外分光法Near Infrared Spectroscopy (NIRS)は,波長800nm付近の近赤外光を生体に照射して数cm離れた場所で光を計測し,生体のヘモグロビンに関連した値を計算するシステムである.脳研究ではイメージングの装置が広く用いられているが,NIRS開発は日本が世界をリードしてきた.今回NIRS装置をIEC国際規格に申請し,日本人がプロジェクトリーダーとなった.現在コミッテイドラフト(CD)の投票待ちである.NIRS装置の概要と,IEC申請の経緯と現状を報告する.

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 近赤外光を用いた脳計測システム(NIRS装置) (小特集 医用電気機器実用化への最前線) -- (産学と病院の取組み)(江田 英雄),2013 https://t.co/hhBWpOBeGU 近赤外分光法Near Infra…
こんな論文どうですか? 近赤外光を用いた脳計測システム(NIRS装置) (小特集 医用電気機器実用化への最前線) -- (産学と病院の取組み)(江田 英雄),2013 https://t.co/hhBWpOBeGU 近赤外分光法Near Infra…

収集済み URL リスト