著者
岩坪 健
出版者
同志社大学
雑誌
社会科学 (ISSN:04196759)
巻号頁・発行日
vol.101, pp.1-17, 2014-02

西洋音楽に使われる楽器とジェンダーに関する研究は、すでに欧米において進められていて、男性/女性向けの楽器や、男性/女性らしい楽器に分かれる。平安時代にもジェンダーの概念があり(千野香織氏の説)、源氏物語に描かれた絃楽器にもジェンダーが見られるか考察する。当時の絃楽器には和琴・箏の琴・琵琶・琴(きん)の琴(こと)の四種類があり、このうち和琴だけが日本原産で、ほかの三種は外来である。千野氏の論によると、中国は男性性-日本は女性性に分けられるので、日本産の和琴は女性性の楽器と仮定できる。また、和琴は東琴(あづまごと)とも呼ばれ、東国は都より下に見なされていた。よって和琴には、女性性と下位の要素が共存している。これは上位の中国は男性性、下位の日本は女性性と説く千野説にも合う。次に箏の琴は、源氏物語では「あやしう昔より箏は女なん弾きとる物なりけり。」(明石の巻)とあり、女性向きの楽器と捉えられていた。逆に琵琶は、「琵琶こそ、女のしたるに憎きやうなれど、」(少女の巻)により、女性には似合わない、と見なされていた。最後に琴(きん)の琴(こと)は、中国では君子の嗜む楽器として尊ばれていた。以上により、琴(きん)の琴(こと)と琵琶は男性性、箏の琴と和琴は女性性の楽器と定義され、それにより物語の新たな読みが拓かれるのである。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (17 users, 17 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 -  源氏物語における絃楽器のジェンダー : 男性性の楽器と女性性の楽器 https://t.co/hkb8KUmqXZ #CiNii
昔読んだ本で箏とか琴は女が弾くもの、琵琶は男が弾くものとされたみたいなやつあったなと思ったけどやっぱりそういう区分は存在していたっぽい https://t.co/z1s3snDdtn
CiNii 論文 -  源氏物語における絃楽器のジェンダー : 男性性の楽器と女性性の楽器 https://t.co/OKcJe1oGjb #CiNii こんなんありました。
CiNii 論文 -  源氏物語における絃楽器のジェンダー : 男性性の楽器と女性性の楽器 https://t.co/oRdWEr0rL6 #CiNii これ読んで見たい
CiNii 論文 -  源氏物語における絃楽器のジェンダー : 男性性の楽器と女性性の楽器 https://t.co/psKp8z9bVs #CiNii
岩坪 健 -  源氏物語における絃楽器のジェンダー : 男性性の楽器と女性性の楽器 http://t.co/77SdvYtRjd #CiNii
@southmtmonk いまぐぐったらジェンダーも絡む http://t.co/4VopjYTNtF ,という指摘が……w

収集済み URL リスト