著者
田口 裕起 鈴木 久貴 小川 耕作 白井 暁彦
出版者
一般社団法人映像情報メディア学会
雑誌
映像情報メディア学会技術報告 (ISSN:13426893)
巻号頁・発行日
vol.38, no.10, pp.9-11, 2014-02-25

本研究ではHMDのセンサフュージョンをそのまま利用し,普及しているコンテンツ開発環境であるUnity3Dにおける首の動きを利用したジェスチャ入力の認識方法を提案する.最も基本的な方法として,絶対的な回転角度によって「肯定」,「否定」,「疑問」の3つのジェスチャを認識する.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (25 users, 26 posts, 15 favorites)

こんな論文どうですか? HMD装着時における首によるジェスチャ認識 : 首可動域の特性(視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般)(田口 裕起ほか),2014 https://t.co/ujlgliLu4P
HMD装着時における首によるジェスチャ認識 : 首可動域の特性 http://t.co/8M7Ojdo4fW
おおう。CiNiiのキーワードにOculus Riftが。 / "CiNii 論文 - HMD装着時における首によるジェスチャ認識 : 首可動域の特性(視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般)" http://t.co/w3R14rBrre
もーふぃあすのデモ見ていて思うのは、またしても田口くんは特許とっておくべきだったと思うんだ/HMD装着時における首によるジェスチャ認識 ~ 首可動域の特性 http://t.co/nj4Wg75dBU

収集済み URL リスト