著者
八木 美冴 佐藤 美恵
出版者
一般社団法人映像情報メディア学会
雑誌
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report (ISSN:13426893)
巻号頁・発行日
vol.38, no.9, pp.13-16, 2014-02

近年,奥行方向を含む3次元の映像を表示する,立体表示に関する研究が行われている.これらの立体表示方式の一つとして,観賞者が裸眼での立体視を可能とするパララックスバリア方式がある.しかし,この方式では観賞位置が限られるという問題点がある.また,これらの立体表示で使用する映像は,両眼間隔の個人差を考慮しておらず,観賞者に過度な立体感を与え,視覚疲労を引き起こす可能性がある.そこで本研究では,3次元計測器を用いて観賞者の位置を検出し,観賞位置に合わせた立体表示を行う.また,観賞者が立体感の度合いを変更するためのインタラクションを付加した裸眼立体表示手法を提案する.

言及状況

Twitter (1 users, 3 posts, 0 favorites)

@3zaru 4.八木美冴・佐藤美恵(2014)『インタラクティブな裸眼立体表示に関する検討』   https://t.co/E5gjKqXdcm
@3zaru https://t.co/Vi4PsHvZpj 3DSみたいなの(パララックスバリア方式)

収集済み URL リスト