著者
宮坂 宥勝
出版者
智山勧学会
雑誌
智山學報 (ISSN:02865661)
巻号頁・発行日
vol.42, pp.71-87, 1993-12-12

漢訳『摩登伽経』は、経名の通りにマータンガ(matanga)すなわちチャンダーラにまつわる経典として、夙に知られる。本経に登場するマータンガ種族のトゥリシャンク(Trisanku.漢訳、帝勝伽)王は、チャンダーラ出身である。この王を中心とした物語は『ディヴィヤーヴァダーナ』(Divyavadana)、叙事詩『ハリヴァンシャ』(Harivamsa)などにも伝える。階級批判さらには社会的差別の否定がストーリーのなかでどのように展開するかを考察するのが本稿である。前回発表した同題(一)の続篇になる。なお前篇のチャンダーラ観の構成は、次のとおりである。(1)階級批判もしくは社会的差別の対象としての存在。(2)救済譚における存在。(3)出家についての比喩。(4)差別是認または社会的差別さらには蔑視対象。(5)尊格化。(6)その他。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 旃陀羅の史的考察(二)(智豊合同教学大会紀要,興教大師850年御遠忌記念号)(宮坂 宥勝),1993 https://t.co/kQ1zjWfdDL 漢訳『摩登伽経』は、経名の通りにマータンガ(matanga)すなわちチャン…
メモ:旃陀羅の史的考察1~3 宮坂宥勝 A historical contemplation of Candala(旃陀羅) http://t.co/VCfHqYWCeG http://t.co/VP0dcolI9I http://t.co/oKAoOhg6PU

収集済み URL リスト