著者
畑 元 小池 英樹 佐藤 洋一
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.56, no.4, pp.1152-1161, 2015-04-15

本研究では,ユーザに気づかれない視線誘導を目的とした手法の提案を行う.人の視覚の特性から画像の動的な解像度制御を提案する.具体的には,誘導したい領域を高解像度,それ以外の領域を人が気づかない範囲で低解像度にすることで,高解像度領域へと視線の誘導を行う.2つの被験者実験を通して提案手法がユーザに気づかれないで視線誘導を行える可能性が示唆された.This paper proposes a method for guiding viewers' attention without being recognized by viewers. By focusing on a characteristic of human visual system, we proposes a dynamic resolution control method. In brief, our method gradually decreases the resolution of the display to the threshold at which viewers are aware of the modulation of the display,while the resolution of the region where viewers' attention should be guided is remained as in high resolution. Two subjective experiments were conducted to show that have a possibility of viewers attention can be guided without being recognized by them.

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 3 favorites)

@oukaichimon 視線が測定された箇所そのものを入力に使うのではなく、観測された箇所から傾向を読み取って、それで何かの判定に使えば使えると思うんです。 それとは別に、視線が人間の意思だけで動いてるわけではないことを使った… https://t.co/ea4Pxm8Sfg
さて、次はVR180のWebプレイヤーを公開か、動画に対してDepthマップ使って視線誘導ができるか検証したい この研究が参考になる 解像度制御を用いた視線誘導 https://t.co/rHcilnYE6E
memo: 解像度制御を用いた視線誘導 https://t.co/7Kmkol8SYz #CiNii

収集済み URL リスト