著者
寺田 治史
出版者
太成学院大学
雑誌
太成学院大学紀要 (ISSN:13490966)
巻号頁・発行日
vol.17, pp.203-214, 2015-03

前著論文(II)では,「グルントヴィの事を誰よりも深く理解している方は池田先生です」と語るヘニングセンの言葉を紹介した。だが,何故にそこまで言い切れるのかについての疑問が残っていた。筆者自身5度目となる今回のアスコ-訪問では,故人となられたヘニングセンの後継者である南デンマーク大学准教授のイ-ベン・バレンティン・イエンセン女史に,これについての質問を行った。1)イエンセン女史の答えは,「グルントヴィは,言葉や理論よりも実践を大事にする人でした。池田先生は,グルントヴィの考えと同じことを現在において実践しておられ,その姿を見てヘニングセン先生はそのように評価されたと思う」と。2)「実践の人」との言葉を聞いた時,筆者の頭の中をよぎった言葉がある。それは,「道理証文よりも現証にはすぎず」という日蓮の言葉であった。3)この意味するところは,理論よりも実践,言葉よりも行動を重視して,現実の上に実証を示すことが大事であるという教えである。ヘニングセンから見て,グルントヴィも池田も人間教育の有言実行の人であることをイエンセン女史も認めていることになる。2013年8月23日,アスコ-校で開催された「アスコ-池田教育セミナ-」においても,ヘニングセンは,「最も優れた学力教育でも足りないものがある。平和,自由,民主主義こそが啓発を促す。池田氏が語る『教育』にも,この意味は全て備わっている。今日の世界的指導者として唯一そのことを世に紹介し続けている。勇気ある者であり,牧口の道を継ぐ者である」と語り,これが氏の生前最後の講演となった。4)グルントヴィ研究の第一人者と言われたヘニングセンをして,ここまで評価された池田が,そのヘニングセンとの対談において,多数の仏典を紹介しながら,自身の人間教育論に昇華し展開していることに筆者は着目した。何故ならば,内村鑑三をはじめ,グルントヴィとデンマークの教育を日本に紹介した先覚者は数多いが,いずれも仏教指導者ではなかったからである。5)今日,創価大学・学園などやアメリカ創価大学を創立した上に,広く世界に平和を訴えて,「教育のための社会」へのパラダイム転換を提唱し,推進し,行動しているのが池田であり,その意味ではグルントヴィをも凌いでいるのではないかと筆者は考える。本論文では,その池田の哲学的背景とも言える,仏典の引用と彼の人間教育論についての考察に挑戦してみようと考えた。

言及状況

Twitter (2 users, 7 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? デンマークと日本の人間教育(III) : グルントヴィと池田の哲学的背景(寺田 治史),2015 https://t.co/8Afuypgrj5
こんな論文どうですか? デンマークと日本の人間教育(III) : グルントヴィと池田の哲学的背景(寺田 治史),2015 https://t.co/8Afuypgrj5
こんな論文どうですか? デンマークと日本の人間教育(III) : グルントヴィと池田の哲学的背景(寺田 治史),2015 https://t.co/8Afuypgrj5
こんな論文どうですか? デンマークと日本の人間教育(III) : グルントヴィと池田の哲学的背景(寺田 治史),2015 https://t.co/8Afuypgrj5
こんな論文どうですか? デンマークと日本の人間教育(III) : グルントヴィと池田の哲学的背景(寺田 治史),2015 https://t.co/8Afuypgrj5
こんな論文どうですか? デンマークと日本の人間教育(III) : グルントヴィと池田の哲学的背景(寺田 治史),2015 https://t.co/8Afuypgrj5

収集済み URL リスト