著者
岡部 隆志
出版者
日本文学協会
雑誌
日本文学 (ISSN:03869903)
巻号頁・発行日
vol.48, no.5, pp.1-10, 1999-05-10

記紀や風土記には、神婚の物語が多数含まれる。それらの神婚譚は、人々の幻想が生み出したものにせよ、神の妻として世間から認知される巫女の憑依体験が内在されていると考えられる。神の憑依にはレギュラーとイレギュラーとがある。イレギュラーの憑依体験は人間に「畏れ」を抱かせるが、その意味では、イレギュラーの憑依体験が、一般的な神の子の物語とはならない異類婚姻譚などの、人間の側の「畏れ」を内在させた物語を生み出す契機になっているのではないか。

言及状況

Twitter (7 users, 8 posts, 6 favorites)

CiNii 論文 -  憑依と神婚 : 異類婚姻譚の発生(<特集>言語とシャーマニズム) https://t.co/Jg4SyyPyS9 #CiNii
憑依と神婚 ーー異類婚姻譚の発生ーー https://t.co/C4EETK7Qhf 決定打は出ず読み物ばっかり増える(楽しい) https://t.co/j7rwkrDEB2
2 2 https://t.co/z0RLF5FxmU https://t.co/TzNyPOJLdF
1 1 https://t.co/4Fcv4x7zdP https://t.co/YDXMaIZ9VM

収集済み URL リスト