著者
西山 教行 程 遠巍
出版者
日本フランス語教育学会
雑誌
Revue japonaise de didactique du français (ISSN:18805930)
巻号頁・発行日
vol.8, no.1, pp.32-48, 2013-09-01

本稿は東アジアにおける『ヨーロッパ言語共通参照枠』の受容について,中国と台湾の事例を論ずる。両国はそれぞれ『参照枠』の翻訳を刊行し,中国語,英語教育,また台湾では,台湾語,第二外国語教育にも『参照枠』の影響を認めることができる。しかしその受容は共通参照レベルにほぼ限られており,台湾ではこれをアメリカの教育文化が生み出した「スタンダード」の変種として活用する動きもある。しかし,『参照枠』はアカウンタビリティなどアメリカ流「スタンダード」の特徴を持たず,トップダウン型の教育装置ではない。

言及状況

Twitter (2 users, 7 posts, 6 favorites)

【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 088] ■ 中華世界における『ヨーロッパ言語共通参照枠』の受容 : 中国,台湾の教育文化と「スタンダード」 https://t.co/d9YFO9BgPn
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 088] ■ 中華世界における『ヨーロッパ言語共通参照枠』の受容 : 中国,台湾の教育文化と「スタンダード」 https://t.co/d9YFO9BgPn
:BOT: [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料など]  ■ 中華世界における『ヨーロッパ言語共通参照枠』の受容 : 中国,台湾の教育文化と「スタンダード」 https://t.co/UnYcwg8EGg
:BOT: [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料など] ■ 中華世界における『ヨーロッパ言語共通参照枠』の受容 : 中国,台湾の教育文化と「スタンダード」 https://t.co/d9YFO9BgPn
1 1 https://t.co/kKxU12WDc3 https://t.co/rkNIZCajBW
CEFRとJF日本語教育スタンダートとの関連を扱ったものは、この2つがありました。 中華世界における『ヨーロッパ言語共通参照枠』の受容 https://t.co/Jm1plThqdI 日本語教育の現状と課題 * https://t.co/GxobafnqcN

収集済み URL リスト