webjapanese.com (@webjapanese)

投稿一覧(最新100件)

CiNii 論文 - 明治時代の東京語資料としてのClay MacCauley著『日本語入門』 https://t.co/1K0yP7nr1f
CiNii 論文 - 日本語ピア・リーディング授業における学習者の批判的思考の活性化 https://t.co/fe36BaCoc9
CiNii 論文 - 日本語教育の方法論を応用した初級沖縄語教科書について https://t.co/cVBcMCXdtL
CiNii 論文 - 台湾における日本語クレオールについて https://t.co/gt9GIypnPi
CiNii 論文 - 日本語教員養成課程におけるティーチャー・トーク学習支援システムの開発 https://t.co/iGy6w4KJzY
CiNii 論文 - 中級日本語学習者が望む学習とは何か : 高等教育機関におけるアンケート調査 https://t.co/wffo4RcuUk
CiNii 論文 - 【研究ノート】 日本語教育における類義語指導の一考察-日本語学習者の振り返りからみる困難点と学習方法- https://t.co/Wb5nIy2ZjN
CiNii 論文 - 【実践報告】 CEFR を参照した日本語口語授業の試み-行動中心の理念を取り入れて- https://t.co/KL4jmoUyIH
ネット上では読めないようですが。 CiNii 論文 - 滞日JSLベトナム人児童の動詞使用の特徴 : モノリンガルと比較して (第52回日本言語文化学研究会) -- (ポスター発表要旨) https://t.co/of95FGIwN0
ワンマンバスの案内放送に関する地域差の調査報告 https://t.co/XtLspax5wI
RT @Prinz_6057: へたに言語学をかじるとこういう面白い論文が出てくるからやめられないんだよなあ https://t.co/JLPK5iOge0 https://t.co/GAsFB3fvzm
RT @podoron: ・絶対音感は周波数依存の聴覚情報に対して言語ラベルを与える能力 ・〃保持者は、音高刺激から音高名を言語的に符号化する過程が自動化している ・〃保持者は、課題の際にピアノ音を聞かせると言語中枢・実行機能の位置する部位が非保持者より活性化 干渉効果が高かっ…
CiNii 論文 - 「コーパスベース国語辞典」構築のための「古風な語」の分析と記述 https://t.co/VP8POfYKJg
CiNii 論文 - 日本語オノマトペの習得におけるベトナム語母語話者の強み https://t.co/AbtbTG56uJ
CiNii 論文 - CEFRを参照とした日本人タイ語学習者向け教材に関する考察‐「外国語としてのタイ語教育」スタンダード開発に向けて‐ https://t.co/PP7gg9gBtF
CiNii 論文 - 外国人の参政権 -西欧諸国の対応-:エスニシティとEU https://t.co/NY8A5dCl0Q https://t.co/ww2e3tZN0v
CiNii 論文 - ヨーロッパ市民権制定と「ヨーロッパ人」アイデンティティーの形成:外国人地方参政権を認めたフランスの結果 https://t.co/8z3D7mVOqX https://t.co/RR2RCgnenG
2006年の論文 CiNii 論文 - 欧米における定住外国人参政権の現状と今後の課題--国民国家の論理と社会的統合の相克をめぐって https://t.co/umJ8f8gLo8 https://t.co/cGbLOEgl0d
CiNii 論文 - 日本語学習者の視聴覚メディア使用 : インタビューからみえた教室外における自律学習の実態 https://t.co/L80cEymcjh
CiNii 論文 - 主体的な学びを促進するための学習支援構築に向けて : 学生へのヒアリング調査から https://t.co/aITJmZQIoB
句読点の方法論的分析 ―読点をどこに、なぜ打つのか― https://t.co/kDCCTyI4er
RT @jpling_botEN: A Study of the Japanese Adjectival Suffix "-kuroshii" https://t.co/AgqCDw30dw
CiNii 論文 - モスクワの大学生は学習者主導型の日本語授業から何を学ぶか https://t.co/CYcBXrDCw5
CiNii 論文 - Ronini amigasares : 時代劇における編笠浪人種の進化系統および生態について https://t.co/KVV3EFiwB5
RT @twittokow: 「大規模コーパスに基づく日本語教育語彙表の作成」本田ゆかり氏の博士論文 https://t.co/3hpuxdhUYh
CiNii 論文 - 日ロ言語教育交流小考 https://t.co/DdXZyseq3t
(リンク先、なかなか出ないので未確認) CiNii 論文 - アニメを活用した日本語教育の可能性 https://t.co/bjKJvUcP2f
CiNii 論文 - ベトナムにおける介護分野の技能実習生確保への取り組み https://t.co/CNCgIqVzRV
CiNii 論文 - ベトナムにおける介護分野の技能実習生確保への取り組み https://t.co/fM3iD9NmT4
CiNii 論文 - 日本語学習者の文章表現にみられる伝聞「そうだ」の分析―論説文引用マーカーとしての文体的適切性― https://t.co/vnEjIxWaQ4
CiNii 論文 - 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』を利用した上級学習者の文章表現指導の試み―共起表現の自己修正を中心として― https://t.co/x26IJSjUiD
CiNii 論文 - 「異文化適応の構造モデル」から見た外国人社員の職場での適応―理科系ベトナム人元留学生の事例から― https://t.co/SnVI8hMUiz
CiNii 論文 - 自律的教室外多読に向けた日本語多読コミュニティ環境整備―学習者向け日本語多読支援SNSグループ作成の試み― https://t.co/fylZUz0zJn
CiNii 論文 - 2016年度夏学期「辞書を使おう」ワークショップ実践報告―初中級~中級レベルの日本語学習者の辞書ツール使用を考えるために̶ https://t.co/5KHVuTa9gS
CiNii 論文 - 国費留学生の修了生ネットワーク構築に関するSNSの利用と関係流動性からの考察 https://t.co/RBQ6dyrKi8
CiNii 論文 - イタリア語を学ぶ日本人学習者の利点と不利点 : イタリア語講師へのインタビューを通じて https://t.co/d5PX1qfyN7
CiNii 論文 - 多義動詞「ツケル」の指導についての一試案 : 話し言葉における日本語母語話者の使用実態を踏まえて https://t.co/0fGO2LR83Z
CiNii 論文 - Webによる日本語プレイスメントテストの開発 : 外国人留学生の受け入れ拡大にむけて https://t.co/YIuxUUZRaQ
CiNii 論文 - 第二言語習得における臨界期仮説再考 https://t.co/QvC4k91biD
Takunori TERASAWA. : Why Do We Have So Many Misunderstandings about English Education?  https://t.co/rD9Ggas9s6
CiNii 論文 - 二言語使用と第二言語学習による認知的有益性 https://t.co/CpyWaFBaQp
CiNii 論文 - 台湾における年少者日本語学習者の第二言語習得 : 台湾の二つの日本語教育施設における幼児の日本語による対話・応答に関する考察 https://t.co/dfGWWQyuI8
CiNii 論文 - 初対面会話におけるノダ文の表れ https://t.co/bvmFRzpah8
CiNii 論文 - 日本語、スペイン語、英語の主語省略 https://t.co/UHPwlt2nxG
CiNii 論文 - 主体的な学びを促進するための学習支援構築に向けて : 学生へのヒアリング調査から https://t.co/5Dut1TeFyc
CiNii 論文 - 2015年度短期日本語教育プログラムの実施と新たなプログラムの構築 https://t.co/5tWfO0JsFw
CiNii 論文 - 日本語教育ボランティア活動を通して見たブラジル人学校の子どもたち―静岡県磐田市のブラジル人学校の事例からの考察― https://t.co/rhLPmPAw1h
CiNii 論文 - 〈論文〉クラスター分析による多義語の語義分類 : 「切る」を例に https://t.co/VWTQqtd0yJ
CiNii 論文 - 〈報告〉落語・小咄を利用した日本語学習支援CALLプログラムの開発と試行 https://t.co/UyT2rUOChf
CiNii 論文 - 〈共同研究プロジェクト紹介〉 基幹型:多文化共生社会における日本語教育研究 多言語母語の日本語学習者横断コーパス https://t.co/cnQw2xdwyJ
CiNii 論文 - クメール語を母語とする日本語学習者における日本語の自動詞・他動詞・受身の選択について : 人為的事態の場合 https://t.co/PswdTDzsGS
RT @oikawamaru: メジャーではあるがJordan et al. (1913) A Catalogue of the Fishes of Japan がPDFが自由に落とせる状態であるとかありがたい世の中である。。 https://t.co/twWEUfsv8W
国立国会図書館デジタルコレクション - 石巻日日新聞(号外). 平成23年3月12日 https://t.co/UvWoiAv03q
文化と語学教育とナショナリズム 山口 昌男  札幌大学学術情報リポジトリ https://t.co/6MSsqi9ola
日本への留学生を対象とした一般用医薬品による セルフメディケーションの実態調査 https://t.co/MoGdWaDL6u
CiNii 論文 -  国際教養大学グローバル・コミュニケーション実践研究科日本語教育実践領域の7 年 http://t.co/XP7NVhZnzK
CiNii 論文 -  サンディエゴの日本語教育事情 http://t.co/G8210euhly
CiNii 論文 -  米国ノースカロライナ大学シャーロット校における日本語教育事情 http://t.co/mGMhRk0YW1
CiNii 論文 -  ロシア(モスクワ)日本語教育事情 http://t.co/GogmEfzd5w
CiNii 論文 -  台湾・開南大学における日本語教育事情 http://t.co/XsAQDfYuiz
CiNii 論文 -  「LINE」における「勧誘に対する断り」に見られる謝罪 : タイ語母語話者と日本語母語話者の比較に着目して (第49回日本言語文化学研究会) -- (研究発表要旨) http://t.co/Xpk9Iq4QSQ
CiNii 論文 -  石黒圭,橋本行洋 編『話し言葉と書き言葉の接点』 http://t.co/Kjx9TIS1tC
CiNii 論文 -  インドネシアにおける日本語教育事情 (特集 : アジアの中の日本) http://t.co/lBtUTX5ZY8
CiNii 論文 -  学部留学生に対する就職準備教育としてのビジネス日本語教育 http://t.co/M15Bb5VoaV
CiNii 論文 -  第二次世界大戦期ブラジル日系移民 http://t.co/WGsSoBWd9R
CiNii 論文 -  外国人介護人材に関する日本語教育研究の現状と課題 -経済連携協定による来日者を対象とした研究を中心に- http://t.co/ZX5ylbE9rs
CiNii 論文 -  中国人留学生に対する漢字変換機能を活用した日本語学習指導法の開発[II] : 学習プロセスモデルに基づく授業実践 http://t.co/YyDC0Yj8wT
CiNii 論文 -  4C7 中国人留学生に対する漢字変換機能を活用した日本語学習指導法の開発 : 実践結果と考察(大学でのICT活用,新しい教育の波) http://t.co/XQh5q88SYa
CiNii 論文 -  占領地日本語教育はなぜ「正当化」されたのか: 派遣教員が記憶するフィリピン統治 http://t.co/qrhHVFNfBk
CiNii 論文 -  日本語教育プログラム : 日本語学習支援サイトRAICHO報告(2013年4月~2014年3月) http://t.co/FiD9cXPkxW
CiNii 論文 -  留学生の子どもが抱える教育上の困難を考える : 留学生受け入れ推進施策とその環境整備をめぐって http://t.co/IPTt0HnGx8
CiNii 論文 -  日本語教育学の学術論文における複合動詞の使用実態に関する一考察 http://t.co/qUMlSnyEcI
CiNii 論文 -  在日外国人の多言語使用に対するEthnolinguistic Vitality Theoryの適応可能性 : 在日パキスタン人の事例 http://t.co/EhICwdn0mC
RT @jmitani: もはや、文字コードの扱いはコンピュータ側の問題としてだけではなく、文字を扱う人間側の問題として捉える必要がある、という話し。とても興味深い。 「電子行政における使用漢字の問題」 https://t.co/8I6m4utCKO
RT @kasamashoinRS: 小木曽 智信 -  中古仮名文学作品の形態素解析 http://t.co/06wYktKLl9 #CiNii
CiNii 論文 -  老いと<ことば>:ブログ・テキストから測る老化 http://t.co/bsC0Yvuu5n
Kyoto University Research Information Repository: 複言語教育の日本における文脈化に関する研究 http://t.co/QVDyLbkGTL

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(3ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

[日本語教育関連の論文・資料 086] ◇ BCCWJ とCSJ におけるチョット/スコシ、ヨ/ネの出現頻度の比較を通じて― https://t.co/pvDo8zPT4d
[日本語教育関連の論文・資料 083] ◇ ポートフォリオ評価を取り入れた日本語教育実践 https://t.co/SEhVrg9Iyw
[日本語教育関連の論文・資料 082] ◇ 違いのわかるCan-do リストの作成に向けて― 学習者Can-do 自己評価のデータに基づくリストの検討 ― https://t.co/uL0plqM03W
[日本語教育関連の論文・資料 081] ◇ CEFRチェックリストを使った日本語能力の自己評価の変化 https://t.co/VKXvuZWCf8
[日本語教育関連の論文・資料 080] ◇ 文型シラバスの授業をCan-do化する試み : Can-do化授業が学習者に及ぼす影響に関する一考察 https://t.co/sBUWlTfMGy

フォロワー(251ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

The Colloquial Material of Kitanoin Omuro Shukaku "守覚" Priest Imperial Prince : with Special Reference to the Langu… https://t.co/GWMpAAiZ0Y
[日本語教育関連の論文・資料 086] ◇ BCCWJ とCSJ におけるチョット/スコシ、ヨ/ネの出現頻度の比較を通じて― https://t.co/pvDo8zPT4d
The History of Attributive Representation of Chotto Class Adverb https://t.co/ewksqFXMau
Current Value of the Survey of Grammar and Phonology by the National Language Research Committee : A Study on the M… https://t.co/pMt5nodKql
Usage of the Standard Form -janai (ka) by Young Speakers of Kansai Dialect https://t.co/PWO9CLaNAA
The History of the Past-Negative Form in the Kagoshima Dialect https://t.co/nUqMO0hGij
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
Primary Factors for the Rise and Fall of "[セン]" (Sen), a Variant Glyph of "銭" (Sen) https://t.co/AeJbHZRAcx
Co-occurence relationships between half voicing in word initial voiced plosives and voicing/nasalization in word me… https://t.co/OBEfhy1SWN
History of the pitch accent o compound nouns in eariy-modern Kyoto Japanese: focusing on compound nouns with 2+3 mo… https://t.co/Ok7FEQm7A2
The Study of the Japanese Adverb hon-ni : Including hon and the Words Relating to it https://t.co/HPqD078BKY
On the Honorific Form -teya in the Gosei Area of Toyama Prefecture : Regional Difference, Origin, and Change Process https://t.co/MQmqbp4iS2
Tokyo's Northeastern Accent : Accent Patterns of Two Mora Nouns and Generational/Regional Differences https://t.co/9XZb6lC9nI
The adjective class in Irabu Ryukyuan https://t.co/PcvX9l5YKf
Predictions of dialect standardization by the "life-long assimilation of language change" model https://t.co/nHaUpp5w2C
Morphological Analysis of Kana Literature in Early Middle Japanese https://t.co/KRhEnp93ph
Speaker's Recognition in the so Adnominal Form Construction in Ancient Japanese: Relationship to Adjectival Sentenc… https://t.co/O13bZKwYC0
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
Genealogy of Research on Japanese Adverbial Particles https://t.co/wSP0VfPSWF
吉岡英幸,古屋憲章,古賀万紀子(2018).今あることのつながりを見ていく――吉岡英幸先生へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』6,47-65. https://t.co/Tnw4Rv3YJE
Translation of English grammar and the style of translating English https://t.co/nOmatXoypa
A Research on the Word Form of "吉日" (lucky day), the Oldest Example of "最吉日" (the luckiest day) and "最上吉日" (the ver… https://t.co/Yci5DAvwD1
Categorical Definition of the Auxiliary tari Combined with Nominals https://t.co/5UnzWJQlfs
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
The structure of the relation-complement types of noun modification https://t.co/xZNfrI8diZ
Research on the phonemic situation of Matsumae feudal soldiers seen in Kakizaki documents that Hakodate City Centra… https://t.co/wWVzMDuW2f
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
The Historical Transition of Deare, Niseyo, and Nishiro https://t.co/4PDRrjSNMr
The Diachronic Development of the Sani-construction and a Causal Particle sani https://t.co/iAdl57e3EM
Current Value of the Survey of Grammar and Phonology by the National Language Research Committee : A Study on the M… https://t.co/KTYMiUzv1q
On the semantic function of actual potentials in modern Japanese: contrasted with unmarked verbs https://t.co/G8wakUXsnL
The Sentence-Final Particle =sen in North-West Kagoshima Dialects : With a Special Focus on Usages Changes https://t.co/VPEiFZFzvD
Speaker's Recognition in the so Adnominal Form Construction in Ancient Japanese: Relationship to Adjectival Sentenc… https://t.co/gk2w1dxYgo
On the sound values of Ryukyuan language /ha/ and /ka/ in the Liuqiu ruxue jianwenlu https://t.co/VZdjoaU1W3
The Final-Attributive in Heian Japanese Conversational Texts https://t.co/p868InLNoX
Honorifics of the samurai class at the close of the feudal era, as seen in Kuwana Nikki https://t.co/2cgIuQgvTT
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmepqy4
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
Patterning of Discourse Markers in Japanese Dialects : Comparison of Tokyo, Osaka and Sendai Dialects https://t.co/W2FcoShUCH
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
On the Properties of Japanese Sentences with Nominal Predicates α-sa Derived from Adjectives https://t.co/xgUMrnGu6P
The Grammaticalization and Semantic Change of Honorifics in Japanese(<Special Issue>Grammaticalization in Japanese) https://t.co/PqxFS3lm8M
Predictions of dialect standardization by the "life-long assimilation of language change" model https://t.co/nHaUpp5w2C
The development of "yari-morai" constructions in pre-modern Japanese https://t.co/7OgXGmncJB
Loanwords in Basic Vocabulary : Shift of Loanword toraburu to Basic Word in Japanese Newspaper Vocabulary https://t.co/f3QfszV1Nz
History of the Noun Clause in a Complex Sentence(<Special Issue>Grammaticalization in Japanese) https://t.co/s6A3WKmrLG
[日本語教育関連の論文・資料 083] ◇ ポートフォリオ評価を取り入れた日本語教育実践 https://t.co/SEhVrg9Iyw
Origin of the Potential Verb in Japanese https://t.co/ABeDDBnMK8
The word formation of provisional compound words as an alternative to word groups: focusing on "A-teki na B" and "A… https://t.co/kH2erRKqpv
Two Types of Nominal Classifiers in Japanese : Quasi-classifiers and Pseudo-classifiers https://t.co/7c0YECMxCd
Kakarimusubi and the Indeterminate Construction: Focusing on Miyakoan https://t.co/AFCiHXxJ5V
古屋憲章,木下直子,武田誠,稲垣みどり,太田裕子,舘岡洋子,陳永盛,山田英貴(2018).学習者オートノミー育成に向けた学生支援を考える――わせだ日本語サポートと他箇所との連携から『早稲田日本語教育実践研究』6,87-96. https://t.co/wkM9cOBluv
Regional and Generational Differences of High Vowel Devoicing in Japanese https://t.co/LH5xaHPhyV
Unearthed materials as sources of old Japanese language data https://t.co/Ji7DXq7y9t
The Study of the Gonbin https://t.co/hS4UPHJkAI
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS42Rv6T
Kanajitai and Kanamojizukai in Yokohama Mainichi Shimbun : About the Standardization of Kanajitai in the Newspaper… https://t.co/B1ilCWTv55
Various phases in the draft of Ei-wa Taiyaku Shuchin Jisho first edition with reference to some dictionaries publis… https://t.co/2K9jB2BXOa
古屋憲章(2004).協働的コミュニティーの設計,運営者としての日本語教師――私にとって総合活動型日本語教育とは何か『早稲田大学日本語教育実践研究』1,139-145. https://t.co/7ye5ys0azl
黒田史彦(2012)「留学生支援システムの構図」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,7-23 https://t.co/fkM6aAZQBW
On the Adnominal Usage of Auxiliary mu https://t.co/WiRKd6gEZx
A study of yari-morai constructions in the honorific-priority system, especially focusing on Taborun in the Yaeyama… https://t.co/NgbiL03vN6
Analysis of the Usage of Toyuka Based on the Data of Everyday Conversation by Young People : Focusing on Contracted… https://t.co/mGmu17oAoh
On Negative Imperative Sentences in Japanese : The Properties and Functions of Sentences with the Predicate suruna https://t.co/RciNKhBEDB
[日本語教育関連の論文・資料 082] ◇ 違いのわかるCan-do リストの作成に向けて― 学習者Can-do 自己評価のデータに基づくリストの検討 ― https://t.co/uL0plqM03W
A Research on the Word Form of "吉日" (lucky day), the Oldest Example of "最吉日" (the luckiest day) and "最上吉日" (the ver… https://t.co/qnsZ2hSByd
Regional and Generational Differences of High Vowel Devoicing in Japanese https://t.co/LH5xaHPhyV
On The Perfect-Tense Form si: uki in Ryukyu-Tarama Dialect https://t.co/7ctZ9aFLOm
The History of the Study of "Anomalous Chinese Writing Style" and "Yamato Writing Style" https://t.co/usGxQtgf6L
Accent in the Kushima Dialect of Uwajima City : Reasons for Discrepancies in the Analyses of Earlier Surveys and a… https://t.co/X33qBsFNgQ
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9
On 'past' expressions in Tohoku Japanese and Korean https://t.co/9CK3WKFywH
A Historical Study of Quasi-nominal particles in Japanese Dialects https://t.co/rvqoynlmcE
Referntial metonymy and meaning change: patterns of the lexicalization in name transfer https://t.co/eKojLyI2UG
Hypermeters in Man'yoshu: phenomena intermediate between phonology and metrical reciting practices https://t.co/EH2ko44Jk9
金龍男,武一美,古屋憲章(2010).人と人の間にことばが生まれるとき――教師自身による実践研究の意義『早稲田日本語教育学』7,25-42.https://t.co/7LJS4396vt
Current Value of the Survey of Grammar and Phonology by the National Language Research Committee : A Study on the M… https://t.co/npaWGGHToR
A study of yari-morai constructions in the honorific-priority system, especially focusing on Taborun in the Yaeyama… https://t.co/N1z0qlOqNL
The speed of linguistic diffusion: a glottogram of ganpo and age-linguistics https://t.co/eu3w3BQhKZ
吉岡英幸,細川英雄,蒲谷宏,古屋憲章,高木美嘉,舘岡洋子(2013).日本語教育学のこれまでとこれから――早稲田の日本語教育を基点として『早稲田日本語教育学』13,1-25.https://t.co/MY7KkdBO7g
So adnominal form construction in ancient Japanese as an emphatic sentence structure from the perspective of the ar… https://t.co/SLoVVqWGk4
[日本語教育関連の論文・資料 081] ◇ CEFRチェックリストを使った日本語能力の自己評価の変化 https://t.co/VKXvuZWCf8
The development of inanimate-subject passive in Japanese in modern times https://t.co/pC50Bx11JX
Semantic Change of Muzan from the Perspective of Syntactic Function of Adjectives https://t.co/Z0kkQmILKH
The current state of document research: focus on Shomono (commentaries written in kana) https://t.co/8TwWPlODoO
Motion Verbs Determining the Functions of Particles' “Start Point” or “Route” in Classical Japanese: Yori and wo in… https://t.co/4vGWDsNtES
The Historical Transition of Deare, Niseyo, and Nishiro https://t.co/4PDRrjSNMr
Grammaticalization and Borrowing : Postpositions in Japanese Composed from Verbs in ren'yo or -te forms(<Special Is… https://t.co/HE1AFD05c5
The Morphological Aspect of Grammaticalization in Japanese(<Special Issue>Grammaticalization in Japanese) https://t.co/eXIwvWZ07s
Current Status and Prospects of Research on Setsuyoshu : From a Historical Lexicography Perspective(<Special Issue>… https://t.co/JfmlL2he4Y
吉岡英幸,古屋憲章,河住有希子(2013).日本語をとおしてお互いに知り合う――吉岡英幸氏へのインタビュー『早稲田日本語教育実践研究』1,50-64.https://t.co/yqrFmeH1WE
Two Types of Nominal Classifiers in Japanese : Quasi-classifiers and Pseudo-classifiers https://t.co/7c0YECMxCd
守谷智美・尾関史・坂田麗子・田中敦子・福池秋水・小高葉子「留学生支援システムにおける行動指針とスタッフ・ディベロプメントに関する検討」『早稲田日本語教育実践研究』創刊記念号,39-54 https://t.co/TdAcomvpWS
Historical Development of the Nominalization Construction in the Kamigata Dialect of Japanese https://t.co/cqVSVHC1sZ
古屋憲章,古賀和恵,三代純平(2012).クラス担当者の実践観,教室観,教師観はどのように変容したか――5学期にわたる「イベント企画プロジェクト」のリフレクションから『早稲田日本語教育実践研究』発刊記念号,85-105. https://t.co/Q7o6cPvNz9