著者
佐藤 眞 SATO Makoto
出版者
岩手大学教育学部社会科教育科
雑誌
岩手大学文化論叢 (ISSN:09123571)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.107-111, 2009

学校から職業社会への移行パターンが大きく変容した現在,さまざまな角度から「若者と仕事」が論じられ,キャリア教育,フリーター・ニート論の隆盛はブームの感さえある。 「日雇い派遣」,「ネットカフェ難民(事実上のホームレス)」に象徴される,きわめて不安定な労働と生活を強いられている多くの若者たち。その実態がマスコミでも採り上げられ,「年越し派遣村」の報道が世論を喚起した。こうした失業・貧困をめぐる状況は若年層に限定された問題ではなく,すべての年齢階層にひろがる生活不安,深刻化するワーキングプア問題として,その実相が明らかになるにつれ,何らかの政策的対応をせまる諸運動が随所で形成されつつある。 小論は,いま「未曾有の危機」にあるとされる日本経済のもとで,不安定雇用の動態をスケッチするための基礎的作業を試みたものである。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[社会病理][競争社会の害][金融][経済][若者][生活][貧困層][福祉]

Twitter (2 users, 6 posts, 0 favorites)

近年の非正規雇用問題について https://t.co/Aqd8NvdWvH
近年の非正規雇用問題について https://t.co/Aqd8NvdWvH
近年の非正規雇用問題について https://t.co/Aqd8NvdWvH
近年の非正規雇用問題について https://t.co/Aqd8NvdWvH
こんな論文どうですか? 近年の非正規雇用問題について,2009 http://ci.nii.ac.jp/naid/120001238949  学校から職業社会への移行パターンが大き
こんな論文どうですか? 近年の非正規雇用問題について,2009 http://ci.nii.ac.jp/naid/120001238949  学校から職業社会への移行パターンが大き

収集済み URL リスト