著者
川本 祥也 佐藤 臨太郎
出版者
奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター
雑誌
教育実践総合センター研究紀要 (ISSN:13476971)
巻号頁・発行日
no.20, pp.95-100, 2011-03

近年、タスクを用いたTBL(Task-Based Language learning)授業が学習者のいわゆるコミュニケーション能力育成に効果的であるとの観点から大いに注目を集めている。しかし、日本のような、教室外での英語使用場面がほとんどないEFL(English as a Foreign Language)環境においては、PPP(Presentation-Practice-Production)の流れに沿った授業の方がよいという指摘もある。本研究では、PPP授業とTBL授業の文法学習における効果を比較検証した。結果から、両授業とも文法学習において一定の効果が見られたが、文法知識の習得や英作文における正確さを重視するならばPPP授業、英作文のおける流暢さや内容の豊かさを重視するならTBL授業の方が効果的ではないかとの示唆が得られた。また、多様な性格や学習への動機づけを持った学習者がいることを考慮し、さまざまな形式の授業を組み合わせて活用すべきであるということが示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 2 favorites)

[日本語教育関連の論文・資料 630] ◇PPP授業とTBL授業の文法学習における効果の比較検証 https://t.co/9YWN3THN1u #日本語教師 #日本語学校 #日本語教育 https://t.co/RIXjC6FqRj
[日本語教育関連の論文・資料 630] ◇PPP授業とTBL授業の文法学習における効果の比較検証 https://t.co/9YWN3THN1u #日本語教師 #日本語学校 #日本語教育 https://t.co/RIXjC6FqRj

収集済み URL リスト