著者
柳町 智治
出版者
北海道大学留学生センター = Hokkaido University International Student Center
雑誌
北海道大学留学生センター紀要
巻号頁・発行日
vol.2, pp.58-74, 1998-12

本小論では、第二言語習得(SLA)研究者の問で頻繁に議論されてきた「SLA研究は第二言語教授を包括するのか、あるいは教授の現場での応用を前提とするのか」という問題ついて、KrashenのSLAモデルとACTFLの言語能力基準を例に、'technical knowledge'を追求する研究者と授業に応用可能な'practical knowledge'を求める教師の両者の視点から考察する。さらに、両者の隔たりを埋めるための方策として、教師が研究者に対し研究で示唆された結果が実際に学習の場で起きているのかフィードバックを与えることにより、仮説検証のプロセスに参画する試みや、アクション・リサーチを通じて、教師が言語を教えるプロとしての資質を高め、研究と言語教授の関係を再評価する契機とする、といった例を紹介し検討する。最後に、以上の考察が日本語教育に示唆する問題を、(1)日本語習得研究と日本語の教授を峻別し、研究の結果を日本語教育に応用する際や、逆に、本来言語教授のために生み出されたものを習得研究に応用する際には、慎重な態度で臨むことが望まれる、(2)これからの日本語教師には教えるプロとして、今後ますます専門化していくと予想される習得研究の発展に対応すべく、研究の方法論や統計についての基本的知識の習得が不可欠になる、という二点から考察する。This article examines a frequently discussed issue among second-language professionals: should second-language acquisition (SLA) research deal with problems related to secord-language teaching? We review two different views on this issue: those of researchers who mainly pursue technical knowledge in SLA in a narrow sense, and those of second-language teachers who seek practical knowledge to improve their teaching. As examples of the divergence between these two perspectives, we discuss debates on Krashen's SLA model and ACTFL's Proficiency Guidelines (PG). In order to bridge this gap, we put forward some suggestions for second-language teachers, including encouraging them to actively give feedback to researchers concerning predictions made in SLA studies and get involved in the process of hypothesis testing. Action research is also mentioned as a way to provide second-language teachers with opportunities for professional development and re-evaluating the relationship between research and teaching. Finally, implications of this issue are discussed in the context of teaching Japanese as a second language. Two of these are that: (1) we must be careful when we try to apply results of Japanese SLA research to language teaching as well as when we use measures designed for language pedagogy such as PG for the purpose of pursuing technical knowledge through academic research; and (2) it is necessary to provide future Japanese-language teaching professionals with basic training in L2 research methodology in order to enable them to keep up with developments in SLA research which is becoming an increasingly specialized academic field.

言及状況

Twitter (2 users, 11 posts, 3 favorites)

[日本語教育関連の論文・資料 061] ◇ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee #日本語教師 #日本語教育 #日本語学校
[日本語教育関連の論文・資料 061] ◇ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee
第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/CXfXoWIbRR https://t.co/W9weCiq1D7
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 061] ■ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 061] ■ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee
CiNii 論文 - 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/OYhV7gVGAR #日本語教育 #SLA #第二言語習得 #第2言語習得
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 061] ■ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee
【BOT】 [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料 061] ■ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee
:BOT: [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料など] ■ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee
1 1 https://t.co/TZqX20GySl
:BOT: [ ネット上で読める日本語教育関連の論文・資料など] ■ 第二言語習得研究と第二言語教授 : これからの日本語教育のための一考察 https://t.co/lJyhJsDAee

収集済み URL リスト