著者
Honkasalo Sami
出版者
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部言語学研究室
雑誌
東京大学言語学論集 (ISSN:13458663)
巻号頁・発行日
vol.31, pp.67-77, 2011-09-30

論文 ArticlesThis paper attempts to apply the cognitive linguistic framework in explaining character formation in the oracle bone script, the oldest extant form of the Chinese script. The oracle bone script was used in Bronze Age China to write the Shāng Chinese language for divinatory purposes. It is shown that together with the previously known mechanisms of icono-pictography and the rebus principle, cognitive mechanisms such as metonymy and synecdoche played a significant role in the character formation of the oracle bone script. Furthermore, it is argued that all the aforesaid mechanisms can be explained by means of the reference point construction.本研究では、現代漢字の現存最古の祖先である甲骨文字を研究対象に、甲骨文字の成立を認知言語学の観点から考察する。甲骨文字とは、殷代の中国で主に占卜の記述に用いられていた文字体系であり、その成り立ちにおいては既知の象形と仮借というメカニズムの以外に、メトニミーとシネクドキというメカニズムが働いていたと主張する。また、以上の四つの認知的なメカニズムは参照点構造で説明することを試みる。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

この論文をすっかり失念。再読。 QT CiNii 論文 -  甲骨文字における認知的なメカニズム https://t.co/GiphvGic0f #CiNii
1 1 https://t.co/L8G9N7WQfG
CiNii 論文 -  甲骨文字における認知的なメカニズム https://t.co/GiphvGic0f #CiNii

収集済み URL リスト