著者
渡辺 響子
出版者
明治大学人文科学研究所
雑誌
明治大学人文科学研究所年報 (ISSN:05433908)
巻号頁・発行日
vol.42, pp.50-50, 2001-07-13

本研究は,小説の中に芸術家が描かれ,芸術作品の内部において芸術の逆照射が行われるという,十九世紀に入ってフランスの文学界で顕著に見られるようになった現象を考察するものである。これは,十七世紀に宮廷を舞台にした物語が生まれたのとは,全く異なるレベルの事件である。1830年の七月革命は,1789年のフランス大革命と比べると,世界史的には影響が少なかったかもしれないが,フランスにおける真の市民社会の誕生・発展にとっては大転換期となった。小説・芸術が場パトロンの手から離れて,ひとりだちし始める時期であるとも言えよう。十九世紀が小説の世紀と呼ばれるまでになった背景には,この革命とその戦利品,そしてこれによって失ったものを考えないわけにはいかない。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 2 favorites)

こんな論文どうですか? 十九世紀フランス小説における芸術家のイメージと表象(渡辺 響子),2001 https://t.co/Au5YLAFy0H
こんな論文どうですか? 十九世紀フランス小説における芸術家のイメージと表象(渡辺 響子),2001 https://t.co/Au5YLAFy0H
1 1 https://t.co/K4qXDa85rI
こんな論文どうですか? 十九世紀フランス小説における芸術家のイメージと表象(渡辺 響子),2001 https://t.co/Au5YLAFy0H

収集済み URL リスト