著者
松尾 政輝 坂尻 正次
出版者
筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
雑誌
筑波技術大学テクノレポート (ISSN:13417142)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.76-80, 2013-12

近年,数多くのコンピュータゲームが発売されているが,視覚障害者,特に画面を確認することができない全盲者がこれらを楽しむには多くの工夫と労力を必要とする。一方,視覚障害者向けのゲームも開発されているが,聴覚情報のみで遊ぶこのようなゲームは,健常者にとっては難易度が高いという側面がある。そのため,両者が十分に楽しむことのできるゲームはほとんど存在しない。したがって,視覚障害者は,健常者と同じゲームで遊び,話題を共有することが非常に困難な状況にある。そこで,健常者と視覚障害者の両者が十分に楽しむことのできる,音と触覚により視覚障害者も利用可能なバリアフリーゲームを開発した。本報告では,開発したバリアフリーゲームについて述べることとする。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 音と触覚により視覚障害者も利用可能なバリアフリーゲームの開発(松尾 政輝ほか),2013 https://t.co/ZeWhaDtSQN 近年,数多くのコンピュータゲームが発売されているが,視覚障害者,特に画面を確認すること…
CiNii 論文 -  音と触覚により視覚障害者も利用可能なバリアフリーゲームの開発 https://t.co/KNtKK1TInI #CiNii
こんな論文どうですか? 音と触覚により視覚障害者も利用可能なバリアフリーゲームの開発(松尾 政輝ほか),2013 https://t.co/ZeWhaDtSQN

収集済み URL リスト