言及状況

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

[論文][PDF][文学][日本近代文学][災害][犯罪] 関東大震災への作家の反応をまとめた論文(PDFあり)。「ボルシェヴィツキと不逞朝鮮人との陰謀」のデマを戒める菊池寛を描写した芥川の文章がよい。もちろん、彼が創業した某社のその後の運命と併せて、である。
[論文][PDF][文学][日本近代文学][災害][犯罪] 関東大震災への作家の反応をまとめた論文(PDFあり)。「ボルシェヴィツキと不逞朝鮮人との陰謀」のデマを戒める菊池寛を描写した芥川の文章がよい。もちろん、彼が創業した某社のその後の運命と併せて、である。

Twitter (12 users, 22 posts, 13 favorites)

→買出しに続くのだが、この文脈では、スマートな行動というよりは、子供を置き去りにして一人で逃げ出した父親の苦心のポイン ト挽回に見えてしまう。妻にかかると、皆の憧れの文豪もかたなしである。」 児玉千尋『関東大震災と文豪 ―成蹊大学図書館の展示から―』2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/1r6IBMTvG0
→ どんな考えですか」 とひどく怒りました。 すると主人は、 「人間最後になると自分のことしか考えないものだ」 と、ひっそりと言いました。〟 芥川は佐藤春夫が感心したほど、悠然としていたわけではなさそうだ。文の文章では、この後佐藤も紹介した野菜の → 児玉2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/7qyNAj0PxO
→ 安全な所へ連れ出さねばと、一生懸命でやっと外へ逃れ出ました。 部屋で長男を抱えて椅子にかけていた舅は、私と同じように長男をだいて外 へ逃れ出てきました。私はその時主人に、 「赤ん坊が寝ているのを知っていて、自分ばかり先に逃げるとは、→ 児玉千尋2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/CaR5OIz7VW
→ 〝その時、ぐらりと地震です。 主人は、「地震だ、早く外へ出るように」と言いながら、門の方へ走り出し ました。そして門の所で待機しているようです。 私は、二階に二男多加志が寝ていたので、とっさに二階へかけ上がりまして、 …子供をまず→ 児玉千尋2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/2q14j28o50
→多加志を救ひに去り、…妻と伯母と多加志を抱いて屋外に出づれば、更に又父と比呂志とのあらざるを知る。婢しづを、再び屋内に入り、倉皇比呂志を抱いて出づ。〟 /一方芥川の妻の文は次のように述べている(出目注:芥川文『追想芥川龍之介』1975 p166)。 → 児玉千尋2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/oKN4z7Wg1j
→ 芥川自身は/「大震日録」(出目注https://t.co/pMCBHhtcNd)に次のように書いている。 〝九月一日。 午ごろ茶の間にパンと牛乳を喫し了り、将に茶を飲まんとすれば、忽ち大震の来るあり。母と共に屋外に出づ。妻は二階に眠れる→ 児玉千尋『関東大震災と文豪』2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/YtKHJ7jXLs
→、芥川君は室生のところへ悠然と見舞に来たさうだ。それからその翌日は自身で子守車をひつぱり出してそれへ一ぱいのじやがいもやらさつまいもやらを買ひ込んで来たさうだ。 / …何しろ間抜けなところ―拙の少しもない人だ。〟 → 児玉千尋『関東大震災と文豪』2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/tbfa6fUkHK
「仲間たちの芥川崇拝は大したもので、佐藤春夫は「芥川龍之介のこと―間抜けな とこのない人」でしきりと地震時の芥川の態度に感服している。地震にも悠然とし、さっと食料を調達したスマートな芥川が描かれている。 〝室生から聞いたのだが、地震の最中に→ 児玉千尋2017 https://t.co/49YHCjMuoG https://t.co/QJHF9kFGhU
関東大震災と文豪 : 成蹊大学図書館の展示から/児玉千尋 https://t.co/BVwz5k4Ky7
個人の体験記から小説まで、当時を描いた文献リストがすごい。CiNii 論文 -  関東大震災と文豪 : 成蹊大学図書館の展示から 成蹊大学文学部日本文学科 https://t.co/YicyRbU9F1 #CiNii 本文: https://t.co/IrDYyEIxg3
3 3 https://t.co/40JHgyTwxO
関東大震災への作家の反応をまとめた論文(PDFあり)。「ボルシェヴィツキと不逞朝鮮人との陰謀」のデマを戒める菊池寛を描写した芥川の文章がよい。もちろん、彼が創業した某社のその後の運命と併せて、である。 / “CiNii 論文 -…” https://t.co/DaoILmSQ2X

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト