著者
中田 幸司
雑誌
玉川大学リベラルアーツ学部研究紀要 (ISSN:18828647)
巻号頁・発行日
no.7, pp.1-9, 2014-03-15

平安宮廷歌謡『催馬楽』を研究する方法に詞章の分析がある。現存する六十余曲は大別すると「恋歌」・「非恋歌」・「その他」という内容面と、五七五七七に収束する「短歌体」・複数の立場の者による「問答体」・「その他」という形式面による位置づけができる。本稿で扱う「力なき蝦かへる」は、『催馬楽』の中ではもっとも短い詞章であり、「力なき蝦 骨なき蚯みみず蚓」の反復を見るに過ぎず、どのような内実を読むべきか定説はない。ここに第一勅撰和歌集『古今和歌集』の仮名序にみる表現、また後世の和歌集の序文に引かれる「力なき蝦」・「骨なき蚯蚓」の表現が用いられていることから逆照射して、ここに歌人の行為と象徴を読み取る必要のあることを結論づけた。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  『催馬楽』「力なき蝦」攷―歌人の行為とその象徴― https://t.co/ZMm4sWmNX0 #CiNii
中田 幸司 -  『催馬楽』「力なき蝦」攷―歌人の行為とその象徴― http://t.co/yiSTGaMZls #CiNii

収集済み URL リスト