著者
岩下 眞好
出版者
慶應義塾大学独文学研究室
雑誌
慶應義塾大学独文学研究室研究年報 (ISSN:09174281)
巻号頁・発行日
no.30, pp.114-135, 2013

(はじめに)(1) 『影のない女』の多層性(2) 「手仕事」の意味と時代的コンテキスト(3) 庭園都市ヘレラウが示唆するもの(4) 『影のない女』とホーフマンスタールの「保守革命」論(5) 社会的なもののアレゴリー : 結語にかえて

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 1 favorites)

日本人はオットー方向に行き過ぎhttp://t.co/gj9p7f9LSQ《「生まれざる子供達」を~登場させ~人類にとって『生殖』が如何なる意味を持つのかという観念論的な問いが発せられ~人類はもう生殖をやめてしまうべきだというオットー・ヴァイニンガー~とは逆の方向を示唆している》

収集済み URL リスト