著者
平山 昇
出版者
国立歴史民俗博物館
雑誌
国立歴史民俗博物館研究報告 (ISSN:02867400)
巻号頁・発行日
vol.155, pp.151-172, 2010-03

本稿は、明治期から昭和初期までの西宮神社十日戎の変容過程を、鉄道の開業による参詣行事の変化、および神社と鉄道会社との関係に着目しながら検討した。もともと西宮神社十日戎はエビス神を信仰する農漁村民や都市商人たちを中心とする参詣行事であったが、「汽車」の開通によって徐々に都市部から行楽がてらに参詣する「普通の参詣人」が訪れるようになった。神社側もこの層を呼び込むべく自ら新聞を通じて都市部に向けて広報をするようになった。だが、もっとも重大な影響をもたらしたのは阪神電車の登場であった。この電鉄は、長らく寂れていた新暦十日戎を新たに「開拓」するなど種々の戦略によって参詣客の劇的な増加をもたらすという、沿線ディヴェロッパーとしての性格が強い鉄道会社であった。一方、阪神電車の大々的な乗客誘引によって都市部からの参詣客が大幅に増加していく状況を目の当たりにして、神社側も電鉄会社の強力な集客力を利用して都市部からの参詣客の増加を図るようになる。西宮神社の参詣行事は、もはや電鉄会社との協調関係抜きには考えられないものとなっていったのである。しかし、両者の関係は常に協調ばかりというわけにはいかなかった。電鉄にとっては運賃収入が増えればそれでよいが、神社にとっては伝統を厳守することも決してゆるがせにできなかった。そのため、時として両者の間で齟齬が生じることもあった。このように神社と電鉄会社の間に協調と駆け引きがせめぎあう中で、十日戎は今日の姿へと落ち着いていった。以上の検討から、日本近代の大都市における社寺参詣の変容過程を理解するためには、①鉄道の登場による変化、特に明治末期以降のディヴェロッパー志向の鉄道会社による変化、②もっぱら都市部からの参詣客の増加を志向する鉄道会社と伝統の維持も重視する神社との間に生じた協調と駆け引きがせめぎあう関係、という二点に注目することが有用であると結論づけた。This article aims to examine how Toka Ebisu Festival - an annual prayer event held at Nishinomiya Jinja between January 9 and 11 - changed during the period from the Meiji era to the beginning of the Showa era, mainly focusing on the changes caused by the opening of a railway and the relation between the railway company and the shrine.Soon after the dawn of the Meiji Period, due to the opening of a state-run railway, more and more urban dwellers joined the festival, which made the shrine interested in attracting them. However, what played a decisive role was Hanshin Electric Railway (HER) , a private railway company which opened toward the end of the Meiji era. HER not only made the shrine more accessible to urban dwellers, but also, by making various attempts to attract as many people as possible, rendered the event dramatically more popular than ever before, which means HER was a developer as well as a transportation enterprise. In response, the shrine began to seek to be more prosperous in cooperation with HER.However, the shrine and HER were not always on good terms because the former regarded both its prosperity and the preservation of its traditional rituals as essential, while all the latter hoped for was to increase its revenue. Thus there sometimes occurred a conflict between them.Having the process above in mind, the author concludes that, in order to analyze the process in which annual prayer events in and around urban cities changed into the way they are at present, it is essential to focus on the following two aspects - ( ⅰ) changes caused by the opening of a railway company, especially one which not only offered better access to shrines but also acted as a developer producing or arranging annual events. ( ⅱ) the cooperation / conflict relation between a shrine and a railway company, the former trying to preserve tradition and the latter only seeking to be economically successful.

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 明治・大正期の西宮神社十日戎 (旅--江戸の旅から鉄道旅行へ)(平山 昇),2010 https://t.co/VHLXGzvsUo
こんな論文どうですか? 明治・大正期の西宮神社十日戎 (旅--江戸の旅から鉄道旅行へ)(平山 昇),2010 https://t.co/VHLXGzvsUo
こんな論文どうですか? 明治・大正期の西宮神社十日戎 (旅--江戸の旅から鉄道旅行へ)(平山 昇),2010 https://t.co/VHLXGzvsUo
こんな論文どうですか? 明治・大正期の西宮神社十日戎 (旅--江戸の旅から鉄道旅行へ)(平山 昇),2010 https://t.co/m66aPcBphH
こんな論文どうですか? 明治・大正期の西宮神社十日戎 (旅--江戸の旅から鉄道旅行へ)(平山 昇),2010 https://t.co/m66aPcBphH

収集済み URL リスト