著者
原 順子
出版者
四天王寺大学大学
雑誌
四天王寺大学大学院研究論集
巻号頁・発行日
no.11, pp.39-51, 2017-03-20

手話をコミュニケーション手段とする聴覚障害者には、独自の文化としてろう文化( Deaf Culture )があるといわれている。このろう文化を基盤とする文化モデルアプローチは、聴覚障害者を従前の医学モデルや病理モデルといった聴文化からの視点ではなく、ろう文化視点での障害者観により、聞こえないことをポジティブに捉えることができると考える。本稿では、ろう文化が聴覚障害者にとって重要な捉え方であることを、先行研究のレビューにより明確にする。また、文化モデルアプローチで聴覚障害者を捉えることで、ネガティブな捉え方がポジティブに転換できることを示し、文化モデルアプローチの有効性を明らかにする。

言及状況

Twitter (2 users, 4 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 - 聴覚障害ソーシャルワークにおけるろう文化視点と文化モデルアプローチの有効性に関する考察 https://t.co/9LElIJCRed
CiNii 論文 - 聴覚障害ソーシャルワークにおけるろう文化視点と文化モデルアプローチの有効性に関する考察 https://t.co/9LElIJCRed
CiNii 論文 - 聴覚障害ソーシャルワークにおけるろう文化視点と文化モデルアプローチの有効性に関する考察 https://t.co/9LElIJCRed
CiNii 論文 -  聴覚障害ソーシャルワークにおけるろう文化視点と文化モデルアプローチの有効性に関する考察 https://t.co/QPbkT3CXjn #CiNii

収集済み URL リスト