著者
江口 聡
出版者
京都女子大学現代社会学部
雑誌
現代社会研究 (ISSN:18842623)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.69-84, 2016-12

性暴力やセクシャルハラスメント(セクハラ)に対する意識が高まっているが、性的な「同意」の問題の哲学的・実践的な複雑さの問題は、国内では十分議論されていないように見える。本稿では、⑴レイプ神話とその解体、⑵恋愛指南本における性暴力の危険、⑶性暴力対策としての「Yes Means Yes」の動きを見たあとで、インフォームドコンセントという観点から見た場合のセックスにおける同意にまつわる難問がいかにして生じているのかを見てみたい。In this paper, I invite you to a philosophical analysis of "Sexual Consent". After briefly reviewing notorious "Rape Myths", I will show the world of so-called "Pick-Up Artists" in 2000's and the social concerns about their practice. Next I will introduce the "Affirmative Consent" movements of 2010's. I introduce and try to analyze the importance of legacy of Antioch College's "Sexual Offense Prevention Policy"( 1992) in reference to the standard "Informed Consent Model" in medical practices, and show how complicated and difficult the problem of "sexual consent" is.

言及状況

Twitter (11 users, 15 posts, 8 favorites)

CiNii 論文 -  「ノーはノー」から「イエスがイエス」へ : なぜ性的同意の哲学的分析が必要か https://t.co/wZMKCdlR5Y #CiNii
「ノーはノー」から「イエスがイエス」へ : なぜ性的同意の哲学的分析が必要か - 江口 聡 https://t.co/jabTZUBq2A #セックスの同意 #性的同意
この機会に復習するか CiNii 論文 -  「ノーはノー」から「イエスがイエス」へ : なぜ性的同意の哲学的分析が必要か https://t.co/oCBAzeoxvK #CiNii
@mtboru たとえば民法で保証契約に書面を要求したりしています。 そんな感じで性交等への合意に関する契約の条項を民法に定めるのも一案かもです。 あとは「同意」の概念についてですが、下記のような論稿も参考になりますがなかなか難しいところだと感じています。 https://t.co/C7Riw7TmaU
@okae 不同意性交を考える上で役立つかもなので一応紹介だけしときます。https://t.co/C7Riw7TmaU  まあつきつめると↓が一番望まぬ性交等からの保護には資するところです。 https://t.co/6xMSLLF36T
参考に CiNii 論文 -  「ノーはノー」から「イエスがイエス」へ : なぜ性的同意の哲学的分析が必要か https://t.co/oCBAzeoxvK #CiNii
こんな論文どうですか? 「ノーはノー」から「イエスがイエス」へ : なぜ性的同意の哲学的分析が必要か(江口 聡),2016 https://t.co/Y1mln640zS

収集済み URL リスト