著者
宮寺 良光
雑誌
経済研究所年報 (ISSN:02859718)
巻号頁・発行日
no.49, pp.175-202, 2017-10-10

近年の生活保護受給者増加の背景には,高齢者の生活困窮化が影響している。世帯類型別にみると「高齢者世帯」が生活保護受給世帯全体の半数程度にまで増加しており,このことが生活保護費の増加を懸念する材料になっている。しかし,このような問題の背景には,産業構造と社会保険制度の階層的構造に象徴される社会保障制度の構造的な問題に加え,社会保障・社会福祉の「構造改革」による費用負担構造の変化が新たな高齢者の生活困窮化要因につながっていることが疑われる。 本稿では,高齢者(65歳以上)に関連する統計データのうち,都道府県別に判別できるものを収集し,このデータを元に高齢者の生活保護受給要因について時系列に分析を試みたところ,かつては収入面の問題が主要な生活困窮化の要因であったが,近年では,支出面の問題が高齢者の生活困窮化を促している可能性がうかがえた。また,これらの要因を地域別に分析を試みたところ,都市部と地方部とでは異なる特徴がみられ,目前の課題として地域単位で取り組むにあたっては,地域の特徴を踏まえた課題克服のためのアプローチが必要であることがみいだされた。

言及状況

Twitter (3 users, 5 posts, 1 favorites)

CiNii 論文 - 「構造改革」以降の高齢者の生活困窮化要因に関する分析 https://t.co/Q46OcImPWf
CiNii 論文 - 「構造改革」以降の高齢者の生活困窮化要因に関する分析 https://t.co/Q46OcImPWf
CiNii 論文 - 「構造改革」以降の高齢者の生活困窮化要因に関する分析 https://t.co/Q46OcImPWf
CiNii 論文 -  「構造改革」以降の高齢者の生活困窮化要因に関する分析 https://t.co/h2b4KfTJJV #CiNii

収集済み URL リスト