著者
杉山 匡
出版者
文教大学
雑誌
生活科学研究 = Bulletin of Living Science (ISSN:02852454)
巻号頁・発行日
no.37, pp.77-87, 2015-03-01

本研究は、大学生が学生生活を過ごすキャンパスの立地環境の違いが、彼らの浮気に対する態度にどのように影響しているのかについて検討することを目的とした。浮気に対する態度尺度を作成し、文教大学越谷キャンパスに通学する学生と東京都心にキャンパスを構える大学に通学する学生を対象とした調査を実施した。その結果、両大学の学生は、いずれも浮気に対してやや否定的な態度であることが示された。しかし、文教大学より都心の大学の学生の方が浮気に対する否定的態度が弱く、東京都心の大学の男子学生においてその傾向が顕著であることが示された。キャンパス立地環境が娯楽の多様性や生活スタイルなどの違いを生じさせ、それが浮気に対する態度に影響を及ぼしている可能性が示唆された。多様な価値観と接触する機会が郊外と比べて相対的に多い都市部の環境への適応を通じて、都市部のキャンパスに通学する学生は、様々な価値観に対する社会的寛容性を獲得しているものと推測された。

言及状況

Twitter (60 users, 60 posts, 36 favorites)

ダウンロードフォルダになぜかこんなpdfが入っていて全く文脈が思い出せなかったんだけど、どうも今年の6月ごろにツイッターで流れてきたものだったらしい。 https://t.co/E3AEtep60c
メモ: 「通学キャンパス立地環境の違いが大学生の浮気に対する態度に与える影響の検討」 https://t.co/hc3nWrjTzm (杉山 匡さん、生活科学研究) …「文教大学より都心の大学の学生の方が浮気に対する否定的態度が弱く、東京都心の大学の男子学生においてその傾向が顕著であることが示された」
そらそうよ >> キャンパス立地環境が娯楽の多様性や生活スタイルなどの違いを生じさせ、それが浮気に対する態度に影響を及ぼしている可能性が示唆された。 CiNii 論文 - 通学キャンパス立地環境の違いが大学生の浮気に対する態度に与える影響の検討 : https://t.co/n4bRnh1zE2 #CiNii
「東京都心の大学の男子学生においてその〔浮気のー引用者〕傾向が顕著であることが示された」 https://t.co/KeffM63nWz わかってることだけど面白いね。

収集済み URL リスト