著者
伊部 恭子
出版者
佛教大学福祉教育開発センター
雑誌
福祉教育開発センター紀要 (ISSN:13496646)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.35-56, 2018-03-31

本研究の目的は、社会的養護を経験した人々への生活史インタビューの結果から、どのような支援が求められているかを明らかにすることである。本稿では特に、施設退所後の生活のなかで様々な困難に直面しながらも、本人がふりかえってみたときに、「どのようなところから力をもらってきたのか」、「どのようなことが支えになっているのか」に焦点をあて、考察した。方法としては、初回インタビュー(調査協力者 31 人)から 6~10 年を経た追調査において、現在までに聴き取りを終えている 15 人の語りの内容を中心に取り上げる。検討の結果、次のことが示唆された。一つ目は、施設入所中に力をもらったり、支えとなった経験の記憶が、現在の生・生活の営みを支える源になっていること、二つ目は、退所後の生活における不安や困難に直面した時に本人が力をもらったり、支えられたりした経験が、その後の本人の生・生活においても大切なものとして位置づいていること、三つめは、本人自身が何か(誰か)のために役立ちたい、支えたいという意思をもち、その経験からも支えられたり、力を得ていることである。また、これらに通底するのは、本人にとってかけがえのない"個人"・"人(ひと)"との関わりがあり、その関係性のなかで本人自身が受けとめられ、本人の生やニーズが肯定されていることを実感しているということが導かれた。本稿で得た結果は、15 人の語りから例示された一部であり、その内容も個別的であるため、一般化・普遍化に向けての限界がある。今後は、生活史インタビューにおける本人の語りの全体像を見渡し、質的調査におけるナラティヴの分析方法を用いた検討が課題となる。その際、語り手の主観的な生活世界の観点から、傷ついた経験やつらかった経験に関する語り(生の営みの困難に関する語り)を含め、本人にとって、どのようなときに、どのような人との関係において、どのようなことが助けとなり生きる力をもらったのか(生の営みの肯定・回復に関する語り)に着目する。そのうえで、社会的養護のもとで育つ子ども・若者への支援について、ソーシャルワークの支援過程と援助関係の理論的検討をふまえて考察することを課題としたい。社会的養護児童養護施設生活史支えられた経験援助関係

言及状況

Twitter (4 users, 9 posts, 4 favorites)

CiNii 論文 - 社会的養護経験者が語る「支えられた経験」とその意味:15人への生活史聴き取りを通して https://t.co/Ki1vU3b7Bu
CiNii 論文 - 社会的養護経験者が語る「支えられた経験」とその意味:15人への生活史聴き取りを通して https://t.co/Ki1vU3b7Bu
CiNii 論文 - 社会的養護経験者が語る「支えられた経験」とその意味:15人への生活史聴き取りを通して https://t.co/Ki1vU3b7Bu
CiNii 論文 - 社会的養護経験者が語る「支えられた経験」とその意味:15人への生活史聴き取りを通して https://t.co/Ki1vU3b7Bu
CiNii 論文 -  社会的養護経験者が語る「支えられた経験」とその意味 : 15人への生活史聴き取りを通して https://t.co/yswGqJzHA9 #CiNii
CiNii 論文 -  社会的養護経験者が語る「支えられた経験」とその意味 : 15人への生活史聴き取りを通して https://t.co/yswGqJzHA9 #CiNii
CiNii 論文 -  社会的養護経験者が語る「支えられた経験」とその意味 : 15人への生活史聴き取りを通して https://t.co/yswGqJzHA9 #CiNii

収集済み URL リスト