著者
和田 謙一郎
出版者
四天王寺大学
雑誌
四天王寺大学紀要 (ISSN:18833497)
巻号頁・発行日
no.66, pp.75-89, 2018-09-25

本稿は、主に視覚障害者が65 歳に達した場合に介護保険制度・障害者総合支援制度がどのように適用されるのかを念頭に、高齢・障害双方の在宅サービスを担う「共生型サービス」の位置づけと、高齢障害者がそれをいかに適切に利用可能としていくのか、それらを検討するものである。65 歳問題と共生型サービスは、普遍化されたニーズとそれに応えるサービスに更に特化したサービスを加えるものとはいえない。長年、難病等の疾病や各種障害、そして高齢について個別に制度運用と適用されてきたものが、地域共生の名の下で、在宅サービスに限り社会保障費抑制策としてサービスを普遍化するものと言っても過言ではない。その普遍化とは、市場原理と所得再分配機能が混在するものになる。運営する側の自治体も、サービスの担い手となる事業者も、そしてサービス利用者も、この混乱ぶりを重く感じているのである。

言及状況

Twitter (2 users, 8 posts, 2 favorites)

CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/QEHnBWkOp1
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/QEHnBWkOp1
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/QEHnBWkOp1
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/QEHnBWkOp1
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/QEHnBWkOp1
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/tzJp2SpAUl #CiNii
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/tzJp2SpAUl #CiNii
CiNii 論文 -  共生型サービスの障害者サービスに対する https://t.co/tzJp2SpAUl #CiNii

収集済み URL リスト