著者
畑田 惣一郎 前田 直樹 吉牟田 直孝
出版者
九州保健福祉大学大学院社会福祉学研究科
雑誌
最新社会福祉学研究 = Progress in Social Welfare Research (ISSN:18809545)
巻号頁・発行日
no.14, pp.45-53, 2019-03-31

気分障害や神経症性障害により,就労能力のある多くの患者が休職や退職に至ることは,深刻な社会問題である.本研究の目的は,(1)気分障害と神経症性障害に罹患した労働世代の就労状況および生活実態を把握すること,(2)対象者の就学期の体験および家族歴を分析し,就学者と無職者間の心理社会的問題の違いを検討することである.精神科病院の患者133名のカルテより後方視的調査を行った結果,「無職」が3割であり,低収入層もおよそ3割と推測された.また,睡眠障害や消化器症状といった身体症状は,就労に関わらず多くの者が抱えていた.就労実態の違いが生じる要因分析では,無職において転校・不登校経験,未婚・離婚歴がそれぞれ有意に多かった.このような労働世代の精神障害者に対する支援を行う際は,治療と並行して就労支援を行い,就学期から継続する心理的問題や,家族環境も視野に入れた心理・社会的アプローチが重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 10 posts, 3 favorites)

CiNii 論文 -  精神障害者の就労と生活に関する実態− 労働世代の気分障害と神経症性障害を中心とした後方視的調査 − https://t.co/6r6vHbEvSp
CiNii 論文 -  精神障害者の就労と生活に関する実態− 労働世代の気分障害と神経症性障害を中心とした後方視的調査 − https://t.co/6r6vHbEvSp
CiNii 論文 -  精神障害者の就労と生活に関する実態− 労働世代の気分障害と神経症性障害を中心とした後方視的調査 − https://t.co/6r6vHbEvSp
CiNii 論文 -  精神障害者の就労と生活に関する実態− 労働世代の気分障害と神経症性障害を中心とした後方視的調査 − https://t.co/6r6vHbEvSp
CiNii 論文 -  精神障害者の就労と生活に関する実態− 労働世代の気分障害と神経症性障害を中心とした後方視的調査 − https://t.co/6r6vHbEvSp
CiNii 論文 -  精神障害者の就労と生活に関する実態− 労働世代の気分障害と神経症性障害を中心とした後方視的調査 − https://t.co/UX8mAe4xX8 #CiNii

収集済み URL リスト