著者
井澤 修平 城月 健太郎 菅谷 渚 小川 奈美子 鈴木 克彦 野村 忍
出版者
日本補完代替医療学会
雑誌
日本補完代替医療学会誌 (ISSN:13487922)
巻号頁・発行日
vol.4, no.3, pp.91-101, 2007
被引用文献数
17 22

近年,疾病予防などの観点からストレスの評価法に注目が集まっている.本稿では唾液を用いたストレス評価について概説した.人の唾液には様々なストレス関連物質が存在することがわかっており,非侵襲的なストレス評価法として利用できる可能性が考えられる.唾液採取,検体の取り扱い,測定などの基本的事項を紹介し,唾液より測定可能な 7 つの物質(コルチゾール,デヒドロエピアンドロステロン,テストステロン,クロモグラニン A,3-メトキシ-4-ハイドロキシフェニルグリコール,α アミラーゼ,分泌型免疫グロブリン A)の各種ストレスとの関連や使用の際の留意点を概観した.最後に目的や状況に応じた唾液によるストレス評価の方法や今後の課題について述べた.<br>

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (4 users, 4 posts)

[science][blog-sience-knowledge] CiNii 論文 - 唾液を用いたストレス評価 ―採取及び測定手順と各唾液中物質の特徴―:―採取及び測定手順と各唾液中物質の特徴― 近年,疾病予防などの観点からストレスの評価法に注目が集まっている.本稿では唾液を

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト