著者
都田 青子
出版者
Japanese Association of Communication Disorders
雑誌
コミュニケーション障害学 (ISSN:13478451)
巻号頁・発行日
vol.20, no.2, pp.86-90, 2003-08-30
参考文献数
6

本稿では音韻論の中心的理論の1つである最適性理論がどのような理論であるのか,ということについて先行理論との比較をとおして紹介した.特に日本語のラ行音の獲得過程を取り上げ,省略,ダ行音との混同,といった段階を経て正しい音形が獲得されていく同過程が制約間の優先順位の変化によって説明可能である,ということを実際の分析をとおして示した.従来の規則を機軸とした理論枠組みとの比較をとおして,最適性理論に基づいた言語発達(獲得)の考え方の特徴について検討した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 言語発達と音韻理論 : 最適性理論を中心として(都田 青子),2003 http://id.CiNii.jp/DZXEN

収集済み URL リスト