著者
ジョセフィン アグレバンテ 松井 年行 北川 博敏
出版者
Japanese Society for Food Science and Technology
雑誌
日本食品工業学会誌 (ISSN:00290394)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.235-238, 1990
被引用文献数
2

6lの容器当り5mlの40%か60%のエタノールを噴霧すると, 20℃で貯蔵したカーベンディッシュバナナの追熟が1~3日間早められた.処理した果実の追熟が早ければ早い程,コントロールと比較してより低いデンプン含量と,より高い全糖,ショ糖,還元糖含量となった. α-アミラーゼ活性は, 40%と60%エタノール処理の果実で一般に高かった.酵素活性の増大は,デンプンの加水分解の開始より明らかに遅かった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 工タノール処理によるバナナの追熟効果とアミラーゼ活性(ジョセフィン アグレバンテほか),1990 https://t.co/mHgKdHkrEw 6lの容器当り5mlの40%か60%のエタノールを噴霧すると, 20℃で貯蔵し…
こんな論文どうですか? 工タノール処理によるバナナの追熟効果とアミラーゼ活性(ジョセフィン アグレバンテほか),1990 https://t.co/mHgKdHkrEw
こんな論文どうですか? 工タノール処理によるバナナの追熟効果とアミラーゼ活性(ジョセフィン アグレバンテほか),1990 https://t.co/mHgKdHkrEw
こんな論文どうですか? Effect of ethanol on ripening and amylase activity of banana.(ジョセフィン アグレバンテほか),1990 https://t.co/mHgKdHkrEw

収集済み URL リスト