著者
皆川 裕樹 増本 隆夫
出版者
水文・水資源学会
雑誌
水文・水資源学会研究発表会要旨集
巻号頁・発行日
vol.25, 2012

気候変動の影響により豪雨規模の強大化が予想され、特に排水が困難な低平地域においては将来的に洪水や農地湛水等の被害リスク増加が懸念される。対応策の検討に向けて、これらの影響を定量的に評価することが重要である。一方、実際の豪雨被害の発生リスクやその度合いには、雨量とともに降雨波形の違いも密接に関係すると考えられる。そこで、解析の入力豪雨について様々な内部波形パターンを想定することで、被害の発生リスクの変化を定量的に評価した。本手順では、影響を評価するために構築した排水モデルに、模擬発生法によって作成した様々な降雨波形を持つ豪雨を入力することで影響を評価する。現在と将来の総雨量値は、これまでの成果より220 mm/3dおよび270 mm/3dと仮定した。それぞれの雨量値について、総雨量は一定で降雨波形の異なるデータを300パターン模擬発生させ、そのすべてを入力し解析を行った。得られる300個の解析結果のうち水位がある基準を超える割合を抽出し、その雨量に対する被害の発生リスクとして評価する。これを現在と将来で比較することにより、気候変動による影響を評価した。対象地区内の排水が集中する潟のピーク水位に注目すると、将来は現在と比較し大きな水位の出現頻度が増加しており、同地点で規定されている氾濫危険水位を超過する確率は現在で17%であるのに対し将来では32%と、15%のリスク増加となった。また、水稲の減収に関連する水田の湛水時間(30cm以上)を指標として農地被害の発生リスクを評価した。各水田の平均湛水時間を比較した結果、雨量の増加に対して脆弱な水田地区が推定でき、特に潟周辺や干拓により造成された低標高部の水田において湛水時間の増加が予測された。 このように、模擬発生法を活用することで様々な降雨パターンを想定でき、内部波形に注目した低平地排水への気候変動影響評価が可能となった。今後は、排水計画の見直しも視野に入れ、想定される対応策の検討とその効果を具体的に評価することが課題となる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 9 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY
こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY
こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY
こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY
こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY
こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY
こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY
こんな論文どうですか? 豪雨の内部波形に注目した低平地排水に対する気候変動の定量的影響評価(皆川 裕樹ほか),2012 https://t.co/wrKwWnUnMY

収集済み URL リスト