著者
金子 順一 堀尾 健一郎
出版者
公益社団法人 精密工学会
雑誌
精密工学会学術講演会講演論文集
巻号頁・発行日
vol.2005, pp.586, 2005

5軸制御加工における工具姿勢の決定に際しては,工具軸と被削物·把持具との干渉の回避が必須となる.従来,この対策として,切削工具が取りうる工具姿勢の範囲を幾何演算によって求めるC—Space法が提案されている.本研究では,この幾何演算を,近年高速化·多機能化が著しいグラフィックスハードウェアの機能を用いて行う手法を提案する.これにより,高速な工具姿勢の決定が可能になると期待される.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 7 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? 5軸制御切削加工における工具姿勢の高速な決定法:グラフィックスハードウェアを利用した工具軸—被削物間の干渉の検出(金子 順一ほか),2005 https://t.co/oaLLVfhGJW
こんな論文どうですか? 5軸制御切削加工における工具姿勢の高速な決定法:グラフィックスハードウェアを利用した工具軸—被削物間の干渉の検出(金子 順一ほか),2005 https://t.co/oaLLVfhGJW
こんな論文どうですか? 5軸制御切削加工における工具姿勢の高速な決定法:グラフィックスハードウェアを利用した工具軸—被削物間の干渉の検出(金子 順一ほか),2005 https://t.co/oaLLVfhGJW
こんな論文どうですか? 5軸制御切削加工における工具姿勢の高速な決定法:グラフィックスハードウェアを利用した工具軸—被削物間の干渉の検出(金子 順一ほか),2005 https://t.co/oaLLVfhGJW

収集済み URL リスト