著者
奥原 洋人 有馬 眞 中村 栄子 金子 慶之 中野 孝教
出版者
日本鉱物科学会
雑誌
日本鉱物科学会年会講演要旨集
巻号頁・発行日
vol.2008, pp.166-166, 2008

神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について2001-2008年にわたり調査・分析を行い、各溶存成分の経年変化と地殻変動の関係について評価した。地殻変動の指標として地震回数を用いた。2001-2008年の間、渓流水のpHは約4年周期で有意に変動していることが認められた。岩石・土壌起源と考えられる溶存成分間の相関を評価した。渓流水質は基盤地質を良く反映し、深成岩地域において、HCO3⁻とMg²⁺、Ca²⁺の間に有意の相関が、丹沢層群地域ではSO₄2-とanion当量との間に正の相関が、足柄層群地域ではHCO3-とSO₄2-とCa²⁺及びMg2+濃度間に正の相関が見られた。さらに、深成岩地域の断層にそって鉱泉水が認められ、その近傍の渓流水には、SO₄²⁻とCa²⁺、Mg2+間で正の有意の相関が見られた。2001-2008年に丹沢山地の地震観測点で得られた震度1以上の有感地震回数と渓流水質の相関を評価した。地震回数とpHとの間に良い相関が認められた。渓流水質のpHは、震源の位置に関わらず、地震動の回数に大きく影響されていると考えられる。さらに、地震回数と各溶存成分濃度との間にも有意の相関が認められた。堆積岩地域において、地震回数と渓流水のHCO3⁻およびMg²⁺との間に同位相で正の相関が見られた。一方、深成岩や丹沢層群地域では地震発生から半年遅れて地震回数と渓流水の多くの陽イオン及びHCO3⁻との間に正の相関が見られた。更にSO₄2-濃度の高い鉱泉水地点ではSO₄2-との間に良い正の相関が見られた。 このような、渓流水質と地震活動の間に認められた相関は、鉱泉水から渓流水へのフローが地震活動により変動したか、あるいは、基盤岩に存在する割れ目の風化面が地震活動により更新され、岩石に含まれる各種イオンの溶脱が活発になったことを示唆している。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 9 posts, 4 favorites)

こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…
1 1 https://t.co/BHEGAYeT4Z
こんな論文どうですか? 丹沢山系渓流水質の経年変化と地震活動(奥原 洋人ほか),2008 https://t.co/px1C1lXPvf 神奈川県北西部丹沢山地の渓流水の溶存成分について…

収集済み URL リスト