著者
長谷川 光弘 清水 健介 須藤 誠 木田 哲量 加藤 清志 高野 真希子
出版者
日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」
雑誌
理論応用力学講演会 講演論文集
巻号頁・発行日
vol.55, pp.326-326, 2006

コンクリートは凍結融解作用や乾湿潤作用に伴い、環境水の微小水循環により中性化が加速され、かつ、そのアルカリ度の希薄化を定量化した。さらに、コンクリート組織中の欠陥界面に半透膜モデルを設定し、環境水の吸排水の可能性をファントホッフ効果によるものと論じた。本報では、仮想仕切版(す焼板)を介し、清水プールと高濃度アルカリ溶液プールのそれぞれの濃度平衡を定式化し、かつ、浸透速度を逆解析的に求め得ることを明らかにした。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 環境水の微小水循環によるコンクリートの欠陥界面における中性化液相濃度平衡の定量化に関する研究(長谷川 光弘ほか),2006 https://t.co/wjLtluPtBZ
こんな論文どうですか? 環境水の微小水循環によるコンクリートの欠陥界面における中性化液相濃度平衡の定量化に関する研究(長谷川 光弘ほか),2006 https://t.co/zPgzqZIrnq
こんな論文どうですか? 環境水の微小水循環によるコンクリートの欠陥界面における中性化液相濃度平衡の定量化に関する研究(長谷川 光弘ほか),2006 https://t.co/zPgzr002eY
1 1 https://t.co/ojuuOsIli7
こんな論文どうですか? 環境水の微小水循環によるコンクリートの欠陥界面における中性化液相濃度平衡の定量化に関する研究(長谷川 光弘ほか),2006 https://t.co/zPgzr002eY

収集済み URL リスト