著者
府中 明子
出版者
家族問題研究学会
雑誌
家族研究年報
巻号頁・発行日
vol.41, pp.41-57, 2016

<p>&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;本論文は、結婚意欲のある未婚女性たちが実際に特定の相手と結婚するかどうか悩み、結婚に踏み切らない状態でいることについてインタビューし、その内容を分析・考察したものである。結婚に関する領域では、これまで意欲の側面、出会いの側面、恋人の有無やコミュニケーションに関する側面、そして結婚後の夫婦間の平等や家事分担、男性の育児参加について研究、検討されてきた。結婚において経済的な側面と恋愛感情の2 点が重要視される点について変化はないが、それに追加して「男性の子どもに対する態度や意識」が未婚女性たちに問われているという点が浮かび上がってきた。その意識が、恋愛感情に関係する魅力として認識されていることも示唆された。そこでは子育てに従事するかどうかは問われていない。「役割意識の個人化」として「男性の子どもに対する態度や意識」が結婚前に問われ、未婚女性の結婚の決め手の一つの条件となっている可能性が示唆された。</p>

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 恋愛結婚の条件:―― 首都圏にくらす未婚女性へのインタビューから ――(府中 明子),2016 https://t.co/Apo2xZQ43e
#NowBrowsing CiNii 論文 -  恋愛結婚の条件 https://t.co/M6J6my2XOw

収集済み URL リスト