著者
天野 宏司
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
日本地理学会発表要旨集
巻号頁・発行日
vol.2013, 2013

飯能市では,飯能アニメツーリズム実行委員会を組織し,アニメ「ヤマノススメ」を活用した誘客事業を展開しつつある。このような流れは,団体型・発地型観光の凋落傾向のなか,個人型・着地型観光に対する関心の高まりのなか,S.I.T.が浸透してきたと捉えることができよう。<br><br>アニメ・ツーリズムとは,作品のファンが,作品世界に我が身を浸潤させようとする,いわゆる「聖地巡礼」が自発的かつ同時多発的に発生する事を指す。あるいは,観光地域の側で,その様なファンの来訪行為を体系化し,コントロールしようとすることも概念的には含まれよう。<br><br>飯能市の場合,隣接する秩父市がアニメツーリズムで成功を収めたことをロールモデルとして,これに追隨しようとの意図も有している。<br><br>報告者は,飯能アニメツーリズム実行委員会の一員として誘客イベントの企画から効果分析までを関わってきた。同時に,秩父市での取組にも関与してきたことから,報告ではこのの両者の取組を比較しつつ誘客効果について分析を行う。<br>

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? 飯能市におけるアニメ・ツーリズムの取組(天野 宏司),2013 https://t.co/qTcyoJhB0N 飯能市では,飯能アニメツーリズム実行委員会を組織し,ア…
こんな論文どうですか? 飯能市におけるアニメ・ツーリズムの取組(天野 宏司),2013 https://t.co/qTcyoJhB0N 飯能市では,飯能アニメツーリズム実行委員会を組織し,ア…

収集済み URL リスト