著者
岡田 祥子
出版者
日本保健医療社会学会
雑誌
保健医療社会学論集
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.54-63, 2016

本研究では、重度知的障害者通所施設において利用者本人よりも保護者の要望が優先されることが、どのような論理に基づいているのかについて考察した。意思伝達が難しく、暴力行為も見られるような利用者を支援する職員たちは、自らの安全よりも利用者を優先するような職業的責任を求められる。しかし、インタビューによると利用者が共に暮らす家族の安定も必要となり、時に職員は本人よりも保護者の要望を優先せざるを得なくなる。これは利用者本人の主体性を奪い、障害者の家族を抑圧すると批判されてきた考え方の根拠となる。だが、知的障害者が頼れる機関は少なく、職員は利用者本人だけではなく彼/彼女らを取り巻く環境への対応も求められている。本稿では、職員が「保護者のニーズ=利用者のニーズ」という観点に立ち、保護者のケアをすることが本人の幸せにつながるという論理を組み立てることで、自らを納得させ、現場に立ち続けていることを明らかにした。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 - 利用者と保護者双方へのケアの論理――知的障害者通所施設職員の語りから―― https://t.co/pIVQy5r8Hx
CiNii 論文 - 利用者と保護者双方へのケアの論理――知的障害者通所施設職員の語りから―― https://t.co/pIVQy5r8Hx
CiNii 論文 -  利用者と保護者双方へのケアの論理――知的障害者通所施設職員の語りから―― https://t.co/GBuzmMbmHS #CiNii

収集済み URL リスト