著者
小川 佳純 井藤 寛志 北神 慎司
出版者
日本認知心理学会
雑誌
日本認知心理学会発表論文集
巻号頁・発行日
vol.2017, 2017

Guénguen (2014) は身体魅力の中でも特にハイヒールに着目して研究を行っており,女性がハイヒールを履くことが男性の援助行動に影響を及ぼすことを報告した最初の論文である。今回は日本においてGuéguen (2014)の実験3を追試し実際にフィールド実験を行うことで,この結果が通文化的な結果であるのかということを検討することを目的とした。場所は日本の愛知県豊橋市で行い,協力者の女性は0㎝5㎝9.5㎝の3種類の靴を履き,実験参加者の前で気づかないふりをしてわざとパスケースを落とし,拾ってもらう回数と援助までの時間がヒールの高さによって違いが生じるのかということを検証した。結果は援助率と援助までの時間においてヒールの高さで違いは見られなかった。このことから考えられることとして文化差の他に実験の状況の統制の要因が挙げられる。傍観者効果の影響や,実験参加者の年齢まで視野に入れる必要があった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 3 favorites)

こんな論文どうですか? ハイヒールを履くことによる魅力の向上が援助行動に及ぼす影響(小川 佳純ほか),2017 https://t.co/DZGXY3Jaka Guénguen (2014) は身体魅力の中でも特にハイヒールに着目して研究を行ってお…
こんな論文どうですか? ハイヒールを履くことによる魅力の向上が援助行動に及ぼす影響(小川 佳純ほか),2017 https://t.co/V2v5ooft3S

収集済み URL リスト