著者
中井 正弘
出版者
学校法人 天満学園 太成学院大学
雑誌
太成学院大学紀要 (ISSN:13490966)
巻号頁・発行日
vol.20, pp.179-186, 2018

今回,新たに知見できた江戸時代延享期の大山古墳(仁徳陵)の絵図を詳細に検討すると,現状の姿や復元模型などとは異なっている。江戸時代の新田開発策によって周濠と堤がかなり耕地化され,外観に大きな変化が見られる。しかし,よく検討すると築造時の周濠と堤の原型を知ることができる。築造時の復元をするには,各時代の政治や政策による変形の検証が大事になってくる。そのための研究に役立てたい。また,行政を中心に進められている百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録運動の問題点にも論及したい。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

"大山古墳(仁徳陵)古図の検討と世界文化遺産登録をめざす動き" →現在の考古学研究の年代観では、大山古墳よりも、(仁徳の次代であるはずの)古墳のほうが逆に古い時代の築造であることなど、問題点を挙げる

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

こんな論文どうですか? 新知見の大山古墳(仁徳陵)古図の検討と世界文化遺産登録をめざす動きについて(中井 正弘),2018 https://t.co/u8ZU7eymda

収集済み URL リスト