著者
上澤 美鈴 加我 宏之 下村 泰彦 増田 昇
出版者
一般社団法人 環境情報科学センター
雑誌
環境情報科学論文集
巻号頁・発行日
vol.23, pp.263-268, 2009

本研究では,小学校校庭の土運動場と芝生運動場におけるビデオ撮影調査を通じて,休み時間の児童の行動を捉え,校庭の芝生化が児童のあそびの種類や身体動作に与える影響を探った。結果,校庭の芝生化によって児童のあそびの種類が多様化し、あそびに含まれる身体動作も活性化していることが明らかとなった。特に,芝生運動場では,面積規模に関わらず,「あたる」や「押す・押さえる」などの児童同士が接触る動作や「座る」,「寝転ぶ」や「転ぶ・転がる」などの地面に接する動作が誘発されていることが明らかとなり,芝生の校庭は児童の身体能力の向上や健康に効果を発揮しているものと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 3 favorites)

【校庭の芝生化は児童のあそびの種類を多様化させる】 身体動作が活性化、特に「あたる」や「押す・押さえる」などの児童同士が接触る動作や「座る」「寝転ぶ」「転ぶ・転がる」などの地面に接する動作が誘発される。 JFAグリーンプロジェク… https://t.co/T28KyelhQ5

収集済み URL リスト