著者
真木 雅之 播磨 屋敏生
出版者
公益社団法人 日本気象学会
雑誌
気象集誌. 第2輯 (ISSN:00261165)
巻号頁・発行日
vol.66, no.4, pp.581-597, 1988
被引用文献数
14

盆地において,まわりの山地斜面からの冷気の移流•堆積が地表面の夜間冷却量に及ぼす効果を1次元の数値モデルを用いて調べた。数値モデルは冷気の移流•堆積による大気層の冷却を熱収支的な立場から考慮したものである。計算結果によれば,例えば,盆地の深さが500m の場合,風の弱い快晴の夜間に,盆地底での夜間冷却量は平坦地に比べ約15%(冬期)から約25%(夏期)大きくなり,山頂や丘陵頂部に比べ約40%(冬期)から約90%(夏期)大きくなる。これは,盆地のようにまわりを山で囲まれたところでは山地斜面からの冷気が盆地中央部上空へ移流•堆積するために,盆地底での下向きの大気放射量が小さくなり,地表面の放射冷却を強めるためである。この冷気の移流•堆積の効果は深い盆地ほど顕著である。移流による大気層の冷却が盆地に比べて小さい山麓の地表面冷却量は盆地に比べて小さくなるが,平坦地に比べて約10%(冬期)から約15%(夏期)大きく,山頂や丘陵頂部に比べて約30%(冬期)から約75%(夏期)大きくなる、計算された結果は AMeDAS で観測された結果と比較して妥当なものであった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

CiNii 論文 -  盆地における夜間冷却に及ぼす冷気の移流•堆積の効果 https://t.co/sT377k0K7o #CiNii #Life012

収集済み URL リスト