出版者
日経BP社
雑誌
日経アーキテクチュア (ISSN:03850870)
巻号頁・発行日
no.827, pp.45-47, 2006-07-24

名義貸しに対する司法判断や警察の対応は確実に厳しくなってきた。「構造計算書の偽造事件などに伴う社会の批判を受けて、捜査当局は建築士法違反などを積極的に取り締まる姿勢を示している」と、日本建築家協会の顧問弁護士を務める松浦基之氏はみる。

言及状況

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

こんな論文どうですか? 名義貸しを断つには 罰則の強化に頼るだけでは限界が 不可欠な建て主側の問題への対応 (検証 名義貸しの構図),2006 https://t.co/YvxYkmHt3d
1 1 https://t.co/c9CaervLUi
こんな論文どうですか? 名義貸しを断つには 罰則の強化に頼るだけでは限界が 不可欠な建て主側の問題への対応 (検証 名義貸しの構図),2006 https://t.co/bVFGjiZYP2

収集済み URL リスト