著者
鈴木 由美 箭本 佳己
出版者
都留文科大学
雑誌
都留文科大學研究紀要 (ISSN:02863774)
巻号頁・発行日
vol.76, pp.67-76, 2012

谷島(2005)は、大学への適応困難な学生が増加しており、その原因として、学力面での困難と並んで、人間関係や社会関係において適応の困難な学生が見られることを指摘している。 大学生は対人関係を持つ能力が低下したのであろうか。最近グループ活動を中心とした授業の中でも、恥ずかしがって話せない学生・また遊びの中でも恥ずかしくて参加できない学生がいる。そこで最近の学生の行動をシャイネスの観点から調査してみようと考えた。対人関係ゲームの恥ずかしさは、シャイネスの認知(自分の行動、他者からの評価などに対する不合理な思考)・感情(情動的覚醒と身体・生理的徴候)・行動(社会的スキルの欠如、回避的行動など)に関係があるのではないだろうか。大学生259名を対象に質問紙調査を行った。その結果は、対人関係ゲーム実施後で39人(15%)が恥ずかしいと答えており、その内容は、初対面の人にお助けカードを渡すこと、走っている姿を見られること、人に触れること、なんとなく等であった。 恥ずかしくなかった群は、恥ずかしかった群よりシャイネス尺度の緊張因子・過敏因子・自信喪失の各因子において平均点が有意に低くなっていた。恥ずかしくない方が、緊張しないで人と話せ、人との関係で自信があることが明らかになった。恥ずかしがらない学生の理由を自由記述で聞いたところ、小さいころよくやっていたから・みんなで遊ぶのに慣れているからなどであった。対人関係ゲームを「楽しかった」「どちらでもない」「楽しくない」と感じた学生では、シャイネス尺度に違いがあるのかを明らかするために、一元配置の分散分析を行った。その結果、5 %水準ではあるが、「楽しい気持ち」があるとシャイネス尺度の緊張因子の得点が低いことが示唆された。

言及状況

Twitter (2 users, 9 posts, 1 favorites)

大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA
大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA
大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA
大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA
大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA
大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA
大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA
大学生の対人関係ゲームとシャイネスとの関連 https://t.co/FPMkuQnsSA

収集済み URL リスト