著者
伊藤 拓哉 五十嵐 広太 小方 孝
出版者
人工知能学会
雑誌
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)
巻号頁・発行日
2018-04-12

筆者らはコンピュータによる俳句生成を研究している.俳句は基本的に十七音で,断片的な単語から構成されており,コンピュータによる俳句生成は興味深い研究テーマである.これまでいくつかの俳句生成の取り組みを行ってきたが,本論文では,以下の二種類の俳句生成のアプローチを含む,これまでの筆者らの俳句生成の研究に基づき,主に記号処理の手法を用いたトップダウンの生成と,深層学習のようなニューラル処理によるボトムアップの生成を統合したアプローチの可能性を示す.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

『俳句生成への多重的アプローチの考察』 https://t.co/vJYZhflTGM
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)/俳句生成への多重的アプローチの考察 https://t.co/YeCwebMQWM

収集済み URL リスト