著者
近藤 伸彦 畠中 利治 松田 岳士
出版者
人工知能学会
雑誌
2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)
巻号頁・発行日
2019-04-08

教学IRにおいて近年とくに重要視されるものに「学習成果の可視化」があるが,成績や就職状況等のデータ,学生調査による間接評価のように,時間粒度の荒いマクロなデータのみから学生が実際に「いかに学んでいたか」という点について詳細に分析するのは難しい.しかしながら,学生の学びの具体的な改善のためには,そうした授業外も含めた学習のようすを把握し,個に応じた支援を行うことが重要であると考えられる.本研究では,Scrapboxを用いてオンラインノートを作成する学習活動を核とした授業を対象に,オンラインノートの学習記録データに基づいて,学習プロセスと学習成果を関連付けた分析を行った.Scrapboxの機能とログデータを用いることで,オンラインノート上に知識のネットワークを構築する際のスタイルを定量化・可視化することができ,また異なる知の関連付けを意識した深い学びを行うほど理解の自己評価が高くなる傾向が見出された.

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (8 users, 10 posts, 18 favorites)

Scrapboxを題材にした論文は他にこれぐらいしか知らないな。 Scrapboxを用いたオンラインノートの学習記録と学習成果の分析 https://t.co/1nM6FWYtE0 https://t.co/G0GJBCFDKC
Scrapboxを題材にした論文は他にこれぐらいしか知らないな。 Scrapboxを用いたオンラインノートの学習記録と学習成果の分析 https://t.co/1nM6FWYtE0 https://t.co/G0GJBCFDKC
「Scrapboxを用いたオンラインノートの学習記録と学習成果の分析」ということで発表しました。「教養としてのデータサイエンス」の授業実践をもとに。タイトルにツール名入れちゃいました。分析としては本当にまだこれからですが(汗) https://t.co/ZmJo5DSUWD
Scrapboxを用いたオンラインノートの学習記録と学習成果の分析 https://t.co/Q6I37X2Nvp

収集済み URL リスト