まつど (@matsudotsuyoshi)

投稿一覧(最新100件)

RT @hayakawa2600: 塚田穂高先生に教えてもらったこの論文、哲学研究者で大学の名誉教授といえども、アレなものにハマるとこんな悲惨な状態になることがよくわかります。ここに挙げられている日本語参考文献、梅原猛とかをのぞけば、だいたい持ってる……:https://t.c…

6 2 0 0 OA 国史大辞典

国史大辞典の初版は国立国会図書館デジタルコレクションで読めるけどな。 https://t.co/N6BY0PnKVM

2 1 0 0 OA 寺子屋

『寺子屋』も無料で読める。 https://t.co/qmCGev0cam
無料で読めるが、教育史詳しくないのでめっちゃ勉強になる。 石川謙 庶民教育史 https://t.co/fwihp2fhvD
これ以降、続編もたくさん出てるみたい。 https://t.co/3lFHrjivIr
RT @koyanokoto: 「教育方法に関する不安」「学生に関する不安」「教育システムに関する不安」 先輩教員のサポートは効果が高い。 大学教員初任者の不安の構造とその不安が職務満足感に与える影響 https://t.co/r9DQVbjUxK
RT @shimadahideaki: 文字びっしりプリントがやる気を削ぐという話に関してデータが気になれば、よかったら僕の論文を参考にしてください!ざっくり言うと、(1)文字びっしりは確かにやる気を削ぎます、(2)絵ならあまり問題ないです。理論や限界は論文参照で。 http…
RT @yasu_heast0706: 主体としてのひとり親家庭の子どもたちが、その構造を生き抜くリアリティを描き出した労作。 ▼志田未来, 2015, 「子どもが語るひとり親家庭―「承認」をめぐる語りに着目して―」『教育社会学研究』第96集, pp.303-323 http…
RT @mera85326: おもしろかった。昨今のG型L型大学の議論に、教員養成の立場から、歴史的視点を使って反論するための視点になる。/CiNii 論文 -  「大学における教員養成」の歴史的研究 : 師範大学論争を中心として http://t.co/kh5NK1iClp…
RT @tfujimt: 日本教育工学会誌に採録された論文「大規模公開オンライン講座(MOOC)へのゲーミフィケーション導入に関する研究の動向」がJ-Stageで早期公開されてダウンロードできますのでどうぞご覧ください。 https://t.co/uo6rvN0VT4
遠隔高等教育の需要構造に関する考察 ─教育理論を背景とした需要概念モデル─ 田島貴裕 https://t.co/X3Q7a0lmjH
大学授業における対面グループ指導と遠隔グループ指導における交流の比較研究 https://t.co/kto8Msvq5p
RT @Media_trician: 「ゲームの意味……→うるせー黙れ」のテーマを胸に留めたままこれを読んでいる。 学習動機付け研究の動向と展望 鹿毛雅治 https://t.co/G4PVjZrUZp テーマは学校教育だが、「ゲームで遊ぶ動機に口を出されるとなんかムカつく」理…
内発的動機づけ研究の展望 https://t.co/8jewTyxHAe
眺めてる。 関連情報の提示によるオンライン議論の活性化と理解促進のためのTwitterボット https://t.co/7XUWevz0ex
RT @tacmasi: 竹下俊郎(1998)「メディアの議題設定機能 : マスコミ効果研究における理論と実証」 筑波大学博士論文(社会学) つくばリポジトリ https://t.co/xiay4ZKSCl
『ICTの進展と情報活用能力』を読んでるのだが、これテレワーカーと非テレワーカーの能力対比や彼らが属する職場についての研究文献としては必読かもって思った。https://t.co/mizu6eUjAR
RT @egamiday: オンライン授業準備中の司書課程講師教員の皆様、拙著『本棚の中のニッポン:海外の日本図書館と日本研究』(笠間書院, 2012)はオープンアクセス公開しており、教材として好きにどうなりと使ってください。 / “CiNii 図書 - 本棚の中のニッポン :…
『データ解析のための統計モデリング』書籍のもとになった講義pdfってまだ公開されているんだ。 https://t.co/rEA92JeYtB
RT @kumagaikazuhimi: おたくの消費行動の先進性について https://t.co/O2dDC8QNf1
RT @isnki: 「大学初年次教育における情報リテラシー教育の実際 : 質問紙調査から見えた結果と課題」 明星大学で学生を対象にして実施した質問紙調査に基づく分析。今のアラフォー大卒の多くにとっては、なかなか信じがたい調査結果だと思う。 https://t.co/yprD…
再読。 ワーキングメモリトレーニングと流動性知能 https://t.co/K1lgikzGvR
お、タイムリーな研究だ。 パンデミック時におけるテレワークの研究 : 2003年SARS発生時のテレワーク事例の検討 https://t.co/UG8mPNnR9y
RT @mk_kushiro: 石塚修(2007)「これからの日本社会で古典教育がはたす役割はどうあるべきか--「文化資本」の概念を用いて」人文科教育研究(34) 古典を文化資本ととらえ、国家としての基本戦略としての資産と捉える。それをふまえた指導観を述べている。 https…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
RT @tetsutalow: 写経型学習ってのは元々ある企業の教育プログラムを喜多一先生が見つけてきて、当時博士学生だった岡本雅子先生がそれを参与観察で分析した結果生まれた概念なんです。 論文としてはこの辺かな。 https://t.co/nAMxGyn1In https:/…
眺めてる。 メンタル・スペース理論と認知言語学 https://t.co/qHDqE6v3OP
眺めてる。 教師のメディア・リテラシー学習を支援するオンライン学習プログラムの開発 https://t.co/5zLf7udD3d
RT @rtkd16: ショーンの省察論とメジローの変容的学習論の接続、いまいちわかってないので博論も読む CiNii 博士論文 - 変容的学習としての教師の実践的知識の発達に関する研究 https://t.co/xnRLAmnrp2 #CiNii
RT @psychama: 【論文】田中・楠見(2007) 批判的思考プロセスにおけるメタ認知の役割/批判的思考のプロセスが「使用判断」「適用」「表出判断」の3段階から構成され、各プロセスでメタ認知が重要な役割を果たすというモデルを提案。批判的思考が目標志向的なものであるという…
RT @sample_bang: CiNii 論文 -  チューニング場面の相互行為分析 : いかにしてピッチが合うことを成し遂げるか https://t.co/OeunDQ8HI5 この論文、あらゆる人間に読んで欲しい
RT @makunegao: 遠山日出也(2019)「最近の男性学に関する論争と私」https://t.co/GdGpf135Cz…一読。後日再読する。以下、一読目の感想。題名の最後が「私」とあるように、文章の最初は(男としての)「私」のことが書かれ、最後再び「私」に還る構成。…
RT @kenichi_ohkubo: ゼミで発表中。 →CiNii 論文 -  いじめ被害の実態と教師への援助要請 : 通常学級と特別支援学級の双方に注目して https://t.co/WqWI4RR7qK #CiNii
RT @uranus_2: 場面緘黙の学生支援を考える上でも参考になる文献。 木村真人(2017). 悩みを抱えていながら相談に来ない学生の理解と支援 —— 援助要請研究の視座から —— 教育心理学年報 56, 186-201. https://t.co/8HVTQqTrRN…
RT @toby_net: おもしろそう / ワーキングメモリトレーニングと流動性知能 ―展開と制約― https://t.co/MxC2iygYWu
学習場所と家族の存在が子どもの学習動機づけに及ぼす効果 https://t.co/8i1i0Upx31
RT @makunegao: 遠山日出也「最近の男性学に関する論争と私」2019年、面白そう。PDFで誰でも読める。目次を見ると、注目すべき論点が。男性の被抑圧性は単なる「特権の産物」「支配のコスト」か?、男性の被抑圧性の歴史的変化の説明にも性支配と階級支配との関連の理解が必要…
J-STAGE Articles - ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情:東日本大震災に際する事例 https://t.co/IIibGdzNwh
読んでる。 トラブルシューティングにおける情報収集プロセス: 熟練者はどのように手がかりを得ているか https://t.co/d7DqdvdoZ0
J-STAGE Articles - 臨床家のための質的研究 (前編) : 「方法」に走る前に身につけたい3つの構え https://t.co/XgXCrCuhD9
RT @papapapapaisen: いつの間にかオンラインで読めるようになっていた。ありがたい。 https://t.co/E4KX5TJiQi
なるほど。 フリースクールにおける学習支援 : 学習支援ニーズの高まりと居場所づくり https://t.co/V7oaSiOAjG
これ面白い 逸脱から教育問題へ ──実証主義・当事者・社会的構成論── https://t.co/wMaSsZpppa
学生の料理に対する認知と調理について https://t.co/bTbrXWAEnN
メタ認知を意識化した調理学実習の実践的研究 https://t.co/OYWUvYXQvh
眺めてる。 趣味縁研究の系譜と現代社会におけるその現れの一例 - 群 馬県前橋市 「前橋 ○○部」 の事例 か ら- https://t.co/u4Wlq9Li8S
RT @vbear00: 【論文が出ました】杉山昂平, 森玲奈, 山内祐平 (2020)「アマチュア写真家の興味の深まりにおける実践ネットワークの関与」が『日本教育工学会論文誌』に採録されました.オンラインで早期公開されているのでぜひご覧下さい→ https://t.co/Sv…
読んでる。 多様性を利用した授業形態 : ジグソー学習法と協調学習支援システムの組み合わせ https://t.co/b5M2cmnlgH
@KobayashiShot4 発達心理学事典だと「Miyake, N.(1986). Constructive interaction and iterative processes of understanding. Cognitive Science, 10,151- 177」を出典に「建設的相互作用」の説明を書いてますね。自分は「学習者中心型授業へのアプローチ : 知識構成型ジグソー法を軸に」https://t.co/OCaJ3wV3Sf
前に紹介していただいたこの論文もマルチレベル分析に関係があったな。 クラスサイズと学業成績および情緒的・行動的問題の因果関係 https://t.co/vT5slR8Yds
@hayaa_memo 書籍の『ヤンキーと地元』『〈ヤンチャな子ら〉のエスノグラフィー ヤンキーの生活世界を描き出す』あたりの方が読みやすいかもですが、ネットで読める以下の論文もあります。 〈ヤンチャな子ら〉の学校経験 学校文化への異化と同化のジレンマのなかで https://t.co/5SFvhMAJyt
「ストリーミング」についての言及があったので、読んでる。 知識配分と組織的社会化 https://t.co/uKlw5C2Q7R
定期的に話のネタにしているデジタル環境での読書についてだが、この論文は実用性が高いので専門外の人にも読んでもらいたいかも。 デジタル・リーディングにおける読速度 表示形式と文字サイズの効果 https://t.co/BZnm9NT9Nd https://t.co/IxKutz1rSc
一応、リンクも貼ってあるが、わかりにくいと思うので論文を直リンク。 m-GTAを使った分析で、面白いです。 特別な教育的ニーズをもつ児童生徒に関わる学校職員の図書館に対する認識の変化のプロセス : 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによる分析を通して https://t.co/iyPso0kcLo
眺めてる。 援助実践における「児童虐待」の定義 内田良 https://t.co/ep6tPJRt5U
読んでる 学生文化の実態と大学教育 https://t.co/ZjmzMNoYAR
RT @shokosmo: 改めて読んでたら、これだあってなってる。「LIFE−DEEP LEARNING …課題へのアプローチや人生の方向に影響を与える信念や価値観イデオロギーなど獲得する学習である(中略)我々の行動を決めたり他者の行動を判断したりする基準が形成される」/ 教…
RT @baritsu: 「物語要素事典」http://t.co/9fRznwanqx 前から項目をどう整理分類するのか難しいだろなぁとは思ってたが作者さんの「『物語要素事典』の方法」を読むとやっぱり大変そう http://t.co/DOK1yoU5tU http://t.co…
RT @baritsu: 「物語要素事典」http://t.co/9fRznwanqx 前から項目をどう整理分類するのか難しいだろなぁとは思ってたが作者さんの「『物語要素事典』の方法」を読むとやっぱり大変そう http://t.co/DOK1yoU5tU http://t.co…
読んでる。 『心の問題』としてのいじめ問題 https://t.co/c5ODDAdPiJ

1 0 0 0 海外名著選

みたいなことを書いてしまったが、CiNiiのこのページ「Autopagerize」でも繋がらないかも。 https://t.co/Ia6f61z2lc
Scrapboxで論文を読むときに、たとえばこの論文なんかは典型的だが、OCRかけてあって、やたらと漢字の間に空白が入り込んでいることがある。そういう場合、検索にかかりにくくなるので、空白消しツールで消すといいかも。 https://t.co/LjyWImgu9I https://t.co/vOfiygVw6V
RT @tazawa: 紀要がpdfで公開されました。 田澤実 2019「大学生の地元志向と交通網-地元と認識する他県に注目して-」『生涯学習とキャリアデザイン』16(2),p75-85. https://t.co/9U5H80dJ5K https://t.co/MS8uo…
RT @asarin: 書評 クリス・チェインバーズ(著)大塚紳一郎(訳)『心理学の7つの大罪:真の科学であるために私たちがすべきこと』(2019年,みすず書房) 筆者 小塩真司 @oshio_at https://t.co/xQjQ4Ss6dV
眺めてる 高等学校数学科における ICE モデルを用いた体系的理解の一考察 https://t.co/IgsIy3rNvg
眺めてる。 習熟とは何の謂いか --自律的な判断と行為決定の前提条件 https://t.co/GhfXNxgVWk
Scrapboxでたまに文字がはみ出るときがあるけど、何が理由なのだろうか。 コトバを超えた知を生み出す https://t.co/YHfXuB7FMj https://t.co/TqrM0PHJFm
読んでる。 高校生になぜ心理学教育をするのか https://t.co/y45plluiSO
RT @isaactruth: 学部生たちと、手法面でやさしめの計量の学会誌論文で新しいものを読もうと思って探してみたけど、やさしい手法だけで書いた論文はこの5年くらいで本当減ったことに気づかされた。クロス表だけで学会誌に載った14年前が本当遠い過去なんだなぁと思う。 ↓クロス…
読み返していた。 誰が大学通信教育に学ぶのか https://t.co/FZl6F4xr1B
RT @sample_bang: 面白そうな論文を見つけた。 池田久美子,2001,「学生は何が分からないか: 分からなさの型」『信州豊南短期大学紀要』, 18:105-122. https://t.co/MyBAcjvscj
RT @tera_sawa: 拙論文が『関西学院大学社会学部紀要』に掲載されました。寺沢拓敬 2019「小学校英語の政策過程(1) : 外国語活動必修化をめぐる中教審関係部会の議論の分析」/関西学院大学リポジトリ https://t.co/LVLHqOxWe3
この論文面白い。 ワークショップの学び論 : 社会構成主義からみた参加型学習の持つ意義 https://t.co/35IkWM65Dr
久しぶりに眺めてる。 映画やアニメーションに動きを見る仕組み 仮現運動説をめぐる心理学的検討 https://t.co/lwljUwNXtx
RT @koro485: 反事実モデルを日本語で学ぶ、となるとまずアクセスしやすいのがこちら。岡大えつーじ先生による解説。 https://t.co/3cIdd4XorU
読んでた。 美術鑑賞教育のタイポロジー https://t.co/Weh9g7dPHg
RT @MizumotoAtsushi: J-STAGE Articles - 学習観と学習方略の相互因果関係の検証 https://t.co/mNfghC8nMa
RT @MizumotoAtsushi: J-STAGE Articles - 学習観と学習方略の相互因果関係の検証 https://t.co/mNfghC8nMa
RT @K_Toshiosan: 教育方法学は,教育実践という対象領域によって規定された学問分野といいながら,<狭義の教育方法学>で扱われている教育実践やアプローチはひどく偏ったものになってしまっている。量的研究や開発研究は少なく,・(略)・ICT活用や大学教育にかんする研究も…
RT @akiraigarashi: 家族社会学研究会から出した論文「誰が不倫をするのか」がweb公開されました。 https://t.co/BRVPRxsEam
ちょっとタイムリーな論文だったので紹介。 文学的体験と遊び体験をつなぐもの : ごっこ遊びにおける虚構作用の分析を手がかりとして 住田 勝 https://t.co/lHYdTimw9T
ここで言及されている「創造性」、『アイデア大全』に繋がる問題意識があるかも。 読みの能力の発達についての基礎論的考察 : 知識構造の拡張に関する議論を中心に(<特集>国語科における情報活用能力の育成) 住田 勝 https://t.co/raZoPQZLtM
読んでる。 社会文化的相互作用を通して構成される文学の学び : 「ヴィゴツキースペース」を用いた「高瀬舟」の授業分析 https://t.co/WQm6863Xo7
読んでる。 教育学教育における臨床的方法実験としての演劇 ―エスノメソドロジー・会話分析研究を経由して https://t.co/ItP1gkbhWm
RT @inthewall81: 検索してたらこういう論文もあった。参考文献が多くてとっかかりにしやすい。 加藤明日菜「日本文学の中のレズビアン : 日本近現代文学における女性同性愛表象研究の方法論試案」 https://t.co/kPpSsOs1dl
RT @kzakza: “CiNii 論文 -  DAISY形式の日本語理数系教材が抱える諸問題” http://t.co/G6s6DMxhbW
RT @kzakza: “CiNii 論文 -  DAISY形式の日本語理数系教材が抱える諸問題” http://t.co/G6s6DMxhbW
RT @idfqjx7: 日経学会の若手セッションでやってた『いかにして英文雑誌に論文を掲載するか』を見つけた。手島先生のブログでも触れられていたみたいで他の研究者の意見も見られて楽しい。英語はあまり得意でないけどたくさん書いて鍛えよう。 論文 (PDF):https://t.…
RT @evil_empire1982: そもそもあれの何処がEM/会話分析やねんと思わなくはないが、真面目に検討している人も居るのだった>RT 是永 論『メディア表現の批判と社会批判の実践 : ジェンダーの表象をめぐって』 https://t.co/VqhqXqBqe6 #…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
RT @khargush1969: RT:天皇即位式が明治期に創られたものだということが昨日改めて周知されたけど。。。その考察の手がかりとなるホブズボーム「創られた伝統」論を近代日本に援用した本格的研究がこの論集なのね。 https://t.co/ciAFOgILYZ 研究の経…
読んでる 乳幼児をもつ母親の生活と〈育児不安〉 牧野カツコ https://t.co/szckdVgh5T
読んでる 育児期の男性を対象とする雑誌における新たな父親像の商品化 橋本 嘉代 https://t.co/egAnL41CWo
そういえば最近、ホットな話題に関連した論文を読んでいたので紹介。 指導と結びつきうる『からかい』 『いじり』の相互行為分析 https://t.co/Z27vKanpBU
こういう動向をまとめた論文は読んでおいたほうがいいかもな。 「家族と教育」の研究動向と課題 ―家庭教育・戦略・ペアレントクラシー― 天童睦子 多賀太 https://t.co/VhXk8WEKTT
今日も、職業教育としての教育の再評価みたいな話題でTLが盛り上がっているので思い出したのだが、昨日読んだこれおすすめ。 短期大学における「資格教育」の考察 その変遷と課題 https://t.co/pHLhmbbfPU
通信教育におけるレポートの相互参照が起こりにくいのは、ここに書いてある点だけでなくて、「カンニング」の問題もあって、答案が似てしまったときに、どちらかが罰則を課せられる可能性があると考え、一度クリアした人しか答案を他人に見せることができないな。 https://t.co/rW0AhoPO6a https://t.co/soByjTw37d
読んでる 通信教育における意見文の協同推敲を支援するグループ編成方法の開発と評価(<特集>情報化社会におけるインフォーマルラーニング) https://t.co/uaWqgOWPC0
こういうの読みたかったかも。 社会階層と親の価値期待 Social Stratification and Parental Values 中井 美樹 https://t.co/HfPHF7YX0F
こういう論文ゆっくり読みたい。 学級集団構造研究におけるソシオメトリーの適用 辻 功, 山村 賢明, 武藤 孝典 https://t.co/Img5YG4B4k

お気に入り一覧(最新100件)

ソーシャルワーカーが自らの生の過程と向き合う専門性(当事者と向き合う専門性とは何か,春季大会シンポジウム) https://t.co/nw7oEgozRQ オートエスノグラフィーの方法論として、「考えがまとまる前に書いてはならない」のではなく、「書く前には知らなかったことを学ぶために書く」ってのは面白い
「一方的に何か好ましいものを『与えられる(given)』のではなく、本人の行為によって『獲得する』(get)ことがQOLを考える上で重要」という話はよく理解できるんやけど(スキナーも同じ事言ってる)「やりがい搾取」を正当化するロジックとして使われたら嫌やなと思う。 https://t.co/dnArAELt8b
村田康常「遊びと教育のリズム論:有機体の哲学の観点から見た遊びの哲学」 https://t.co/VJoeoB5mWl 村田康常 「領域「言葉」における遊びと想像力:言葉を楽しむ遊び感覚」 https://t.co/Dic8AYVgHI
村田康常「遊びと教育のリズム論:有機体の哲学の観点から見た遊びの哲学」 https://t.co/VJoeoB5mWl 村田康常 「領域「言葉」における遊びと想像力:言葉を楽しむ遊び感覚」 https://t.co/Dic8AYVgHI
甘い匂いは恋愛への関心、向社会的意図を減らす(https://t.co/Mb3FV12plb)。これは甘い食物を食べると、恋愛への関心、向社会的意図が増すという先行研究とは異なる。https://t.co/kEKiZxb8QE
@asst_lab 食品添加物である青色一号(ブリリアントブルーFCF)はタンパク質染色試薬であるCBBと構造が似ており、いくつかのタンパク質に吸着することが知られているようです[1] こしあんにもくっつくとかw[2] [1]https://t.co/J2vPEiMEG8 [2]https://t.co/lYuDdt5nby

3 1 0 0 OA 遊びの面白さ

J-STAGE Articles - 遊びの面白さ:遊び理論におけるゴフマン社会学の位置付け https://t.co/98gNAE8kpS あとで読むメモ
“コレラが日本の「防疫行政」を変え、「地域差別」を変えた。“ / “CiNii 図書 - 近代日本と公衆衛生 : 都市社会史の試み” https://t.co/SpQOPRLWU8

10 6 0 0 OA Q & A

#新型コロナ・Covid19を数学から考える ▶「PCR検査」に関係する確率・統計学を  学ぶための資料 (1) 「Q&A 感度・特異度・精度」 https://t.co/1Y9EAW4h9U 雑誌「医学図書館」2004年 Vol. 51 2ページのPDF記事 ・感度(=真陽性率) ・特異度(=真陰性率) ・適合率=陽性的中率 (※"精度")
こういうの行動分析学知らなくて心理学やっている人に読んで欲しいよね。 →J-STAGE Articles - 望月要・佐藤方哉(2003)行動分析学におけるパーソナリティ研究(特集;人間行動の実験的分析) https://t.co/x16KKLa9xQ
えー >暗所で発光する玉子焼は,保健所の食品衛生業務中,稀には遭遇する食品の苦情事例である https://t.co/0OGJcBUDz1 https://t.co/7cc9vSJWXN
eラーニングに関する6年前のレビュー論文ですが、いま読まれるのにぴったりかもです。 冨永敦子・向後千春(2014)eラーニングに関する実践的研究の進展と課題『教育心理学年報』Vol.53, Pp.156-165 https://t.co/IWQyGBLLSu
池上賢 『週刊少年ジャンプ』という時代経験: 解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ https://t.co/vEDZjUYk6j #CiNii #知り合いの論文を紹介する  『週刊少年ジャンプ』という雑誌が(読者だけでなく様々な人に)どのように経験されたのか、その経験を元にいかに自己を語るのかを論じた論文
…視野を広くするということがなければ数字で表現できないんです。…整合性は体系性ですから、抽象の階段を上がらなければなりません。それが日本ではあんまり歓迎されないですね。」 https://t.co/auv8FInX9C
田口裕介  「自然な」呼吸と未熟なハビトゥス : 県立高等学校吹奏楽部のフィールドワークに基づく考察(2) https://t.co/FgxCGDN9r3 #CiNii #知り合いの論文を紹介する 部活動吹奏楽における生徒の呼吸がどのように意味づけられているかに着目した論考
「『文系・理系観』が文理選択に影響を与えるのではなく,文理選択の結果として自分の立ち位置が決まることで,『文系・理系観』の形成につながる」|岡本紗知 (2020) 文系観・理系観の形成プロセスの解明―国立大学の学生を対象としてー. 科学教育研究, 44(1), 14–29. https://t.co/epcj2Wb5W8
ボードゲームの近現代史~良くまとまっていて面白い https://t.co/0oyT4Kriph
19年10月に関西大学経済・政治研究所産業セミナーで報告した内容が文章になりました。 フリーで読めますので、ご笑覧ください! 坂本治也.2020.「日本人の自助・共助・公助意識の分析」関西大学経済・政治研究所『セミナー年報2019』97-107. https://t.co/OpiEUbUjp9
育児期における共働き夫妻の役割遂行効果 : 質的ペアデータで見られたこと https://t.co/0oRYrAg8MI
悪魔の実で読み解く『ONEPIECE』のメガヒット要因 https://t.co/y8UY0RMLsI
シェヘラザードの魔人--初期Barthのポストモダン小説論における形式と社会性 https://t.co/F0gPGXMTrl #文学
カードゲームのプレイにおける熟達者の方略の分析 https://t.co/zpB8bIVgFe
おたくの消費行動の先進性について https://t.co/O2dDC8QNf1
オタクの言説:外部との「緊張感」を考えるために https://t.co/n0AjqrNoVg
TRPGはASD児のQOLを高めるか? https://t.co/c84FX7djtU
ちゃんと最後まで読んでないけど、蒟蒻ゼリー規制の事例は面白い。/CiNii 論文 -  エビデンスに基づかない政策形成? : 食品安全行政を素材にして https://t.co/lgzaxk4NMo
CiNii 論文 - 精神障害のある人が孤立することなく地域での生活を継続するための精神科デイケアと訪問支援を統合した地域ケアモデルの開発の可能性〜PDFあり なかなかの力作 https://t.co/oyJIkiCogd
@mariiknst 私もこれはよく思うけど、一歩先に進んで、「なぜ」を問うのもそれはそれで興味深いです。 https://t.co/fik8GuZHSW
国会図書館の「調査と情報」は流行りの論点について公平な観点から簡潔にまとめられており広く公開されています 財政政策と金融政策の協調をめぐる議論―MMTその他の提案の論点― https://t.co/sx0Le2zbDl
音響浮揚の集大成っぽく書き上げた意欲作。PDFダウンロード可能。 J-STAGE Articles - 超音波フェーズドアレイを用いた3次元非接触マニピュレーション https://t.co/xO18p0oRcK
勤務先の紀要に、拙文を一本掲載しました。試論ではありますが、室町時代に中国剰余定理の知識を使ったお遊びがあったかもしれないことを書きました。日本最古の算術書の可能性の高い史料の紹介となります。 https://t.co/qwyXg1Z6P5
2年前に日本フランス語フランス文学会に発表した論文、J-Stageに登録された同学会学会誌掲載の論文のなかで月刊アクセス数第2位とのこと。ちょっとうれしい。 片山 幹生「恋愛の誕生」をめぐる言説 シャルル・セニョボスの「神話」の形成について https://t.co/TzOShWotsq
葉層構造の存在について https://t.co/tIUFkFKM8e 葉層構造という概念に初めて触れた。
今日のゼミ課題は教育学年報は篠原さんが担当する「教育経営学」の章、追加で山住さんの論文「拡張的学習とノットワークする主体の形成」。教育経営学の、学校の自律性を求めながらそれらが公教育を担うという構図が、どう成り立ちうるのかという研究課題はとても魅力的。 https://t.co/DefBhXQKt2
宇都雅輝 (2020). 「テスト理論と人工知能に基づくパフォーマンス評価の新技術」『教育システム情報学会誌』37(1), 8-18. https://t.co/4fCBaZt7eh "item response theory models that incorporate rater and task characteristic parameters and automated essay scoring methods"
西井開さんから、拙稿「最近の男性学に関する論争と私」に対するご批判をいただきました。 〈拙稿〉 https://t.co/4r65j75GzA 〈ご批判〉 https://t.co/g7IhLEbokf https://t.co/g7IhLEbokf それに応答する文章をまとめました(↓)。 https://t.co/IovmKr1Xy0 以下では、その要点のみを記します。
CiNii 論文 -  チューニング場面の相互行為分析 : いかにしてピッチが合うことを成し遂げるか https://t.co/OeunDQ8HI5 この論文、あらゆる人間に読んで欲しい
メディア史を書くことと、メディアをデータにした歴史社会学を書くことの違いについては、「メディア史とメディアの歴史社会学」という論文をご参考下さい。https://t.co/mKBYhzB1Fv
この記事すごい面白かった!!感情研究がテーマではあるんだけど割とジェネラルな心理学研究の話で、これまでの心理学理論は制約条件や適用範囲が限定されたものばかりでグランドセオリーがないって話とか、それな〜だった| 感情の心理学的構成主義に見るこれからの感情研究 https://t.co/weEQipjqcx
法政の文学部紀要第79号掲載「スピノザの決定論的な「判断の意志説」(スピノザにおける観念とコナトゥス・そのI)」がウェブで読めるようになっていたのでリンク貼ります。 https://t.co/pwe8ZlbfHs 一応完結していますが、「そのIII」くらいまで通して読まないと「???」かもしれない…
競合行動モデルは,もともと「般化と維持」の問題からスタートして,刺激性制御や反応効率性の話が絡んでました…以下の論文に参照のこと。 武藤崇(2000)支援のための"OS(Operation System)"開発に向けて : 平澤・藤原論文(2000)へのコメント 行動分析学研究, 15, 67-72. https://t.co/EeKv8EIEvU
ちなみに,心理学研究には,今年,認知的フュージョンの研究が,初めて掲載されました。 橋本光平・武藤崇(2019)加齢ステレオタイプへの行動的同化における 認知的フュージョンの調整効果. 心理学研究, 90, 93-99. https://t.co/1LQvvo7IlP https://t.co/frHw945QJj
「養護学校義務化以後における軽度知的障害児の減少 : 特殊教育はどのような知的障害児を対象としてきたか」『〈教育と社会〉研究』(29) を基にした報告です。 ご興味のある方は、拙稿を送らせていただきますので、お問い合わせください。 https://t.co/5EoIRr6Hj3
CCS Formal 2つ目。5Gのプロトコルの検証を行う5GReasonerの提案By Purdue Dolev-Yao Adversary Modelを仮定して検証 https://t.co/addyJuLJMz これ難しい 萩谷先生の「フォーマルメソッドの暗号安全性」情報処理 2008が参考になりそう https://t.co/gaq67JoRsa 講義資料 https://t.co/vA3o50a8dB
『心理学評論』61巻2号(2018年度刊行)がJ-STAGEで公開されました. 池田慎之介「幼児期から児童期における感情表出の調整の発達」 https://t.co/Ct6odXbY8a 奥村優子・鹿子木康弘「乳児期における社会的学習:誰から,どのように学ぶのか」 https://t.co/37VxdCmcOg
『心理学評論』61巻2号(2018年度刊行)がJ-STAGEで公開されました. 池田慎之介「幼児期から児童期における感情表出の調整の発達」 https://t.co/Ct6odXbY8a 奥村優子・鹿子木康弘「乳児期における社会的学習:誰から,どのように学ぶのか」 https://t.co/37VxdCmcOg
【拡散希望】永田大輔・松永伸太朗「多様な表現を可能にする制作者の労働規範の変容――1970~80 年代のアニメ産業を事例として」『マス・コミュニケーション研究95』 https://t.co/35BJKoBMEl 電子公開になっておりました!よろしければご一読ください。
CiNii 論文 -  恋愛経験は結婚の前提条件か : 2015年家族形成とキャリア形成についての全国調査による量的分析 https://t.co/4zSrO8t0Go #CiNii 恋愛経験(+デート、キス、性関係の経験)と結婚経験の関係の論文。すごくシンプルな話だな
日経学会の若手セッションでやってた『いかにして英文雑誌に論文を掲載するか』を見つけた。手島先生のブログでも触れられていたみたいで他の研究者の意見も見られて楽しい。英語はあまり得意でないけどたくさん書いて鍛えよう。 論文 (PDF):https://t.co/74X7XipKN3 ブログ:https://t.co/0I2knpJ0Gt
この論文でした。私がまちがってるかもしれないので判断は各自おこなってください。私は、一番重要な「かんぶれ」先生のツイートを正確に引用しないで「批判」しているとてもよくない論文だと思います。 https://t.co/Mw3e39XjUG
東日本大震災のときの公演中止、どうしてたっけ、と思い出したい方に向けて、過去書いた論稿のリンクをシェアします。ただ、今だったら多分世論的にも違う考察をする。→ 「演劇人たちは何をしたのか/何ができたのか? : 東日本大震災にともなう「公演中止」を事例として」 https://t.co/KRDn153qYX
“EM菌に関しては経験者の方で「有効」と答える比率が有意に増加した(Table9:Fisherの正確確率検定,p=0.0007)” https://t.co/kLKH3feT4c 学校でEM菌を教えられた子どもたちはEM菌が正しいと信じる傾向があるという報告。ニセ科学を学校教育に持ち込むもは危険です。
その特集号で,友永雅己先生が「私が Sidman 型の刺激等価性をあきらめた後,認知科学者が Sidman を発見したのだろうか(当時は認知科学者たちが鼻で笑っていたのとは昔日の違いだ)」(p. 356)と書いてましたね(笑)。 https://t.co/HqWB0F14WC https://t.co/geaXIqRAl8
「実験社会心理学研究」に掲載予定の私の論文 (When people avoid a product chosen by others: The effects of the need for uniqueness and the presence of others) が早期公開されました。https://t.co/0fhTeJTAYu
情報系ではない方もわかるように丁寧に説明して欲しいと査読者にずっと言われて最大限丁寧に書きました。 https://t.co/7rmTEZGpqD
バトラーの“理論”って、根拠が薄く、説得力もいまいちなので、もうちょい実践の記述を大事にしたほうがいいよね、という論考。 ▷小宮友根「行為の記述と社会生活の中のアイデンティテ:J. バトラー「パフォーマティヴィティ」概念の社会学的検討」(2008) https://t.co/2H1FfwlZEJ
冨安先生 @tomiyasu45 のこちらの論文に漢字の学習に関する先行研究が色々あった。助かる。https://t.co/N58SCAcICn
J-STAGE Articles - 統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計 https://t.co/TCzSk8emkG 村井さんに書いていただいた心理学評論の論文はこれ
@matsudotsuyoshi 気になって少し調べてみました。↓の論文は大学教育に関するもので、まつどさんの狙いピッタリではないですが関連性がある気がします。登録なしでPDFを読めます。 この『日本テレワーク学会誌』にいい文献があるかもしれません(リモートワークとテレワークは違うのかな?) https://t.co/cNDQuijn2J
黒田 (2012) 日本人の余暇時間 : 長期的な視点から https://t.co/p3j07iUtQB   これ読んだら、日本人の余暇時間は寿命が延びたせいもあって引退後の余暇時間はここ30年で増えているが、現役世代にとっては、休日の数は増えてても、週や1日あたりの余暇時間は減っていると書いてある。
ASCONEでご一緒させて頂いたときのYMGS先生の講義の自分メモを見返したら、ここんとこ自分が考えていたことが、遥かに端的に述べられていて、凹みつつ感動した。SMJM阿仁がまとめてくれてるので皆も読んで。https://t.co/b6nQq9yF2g
山崎鎮親(2018)「「主体的な」ということと自己準拠性のペダゴジー:システム論的予備考察」 相模女子大学紀要 81, 43-50, 2018-03-10, 相模女子大学. / “CiNii 論文 -  「主体的な」ということと自己準拠性のペダゴジー : システム論的予備考察” https://t.co/DyNVJ8a67F #Luhmann #ルーマン解読 …
竹内は色々書いているんだけど,初期のこれは印象に残る.「決して,文字通りの意味の`無矛盾性'を 問題にしている訳ではない.`集合概念'の解明こそ形式主義の総てであると私は思う」(「形式主義の立場から I」,『化学基礎論研究』,1956年.https://t.co/6Ard58fOxW)
去年、岸政彦さんらの『社会学はどこから来てどこへ行くのか』や、同じく岸政彦さんの『マンゴーと手榴弾』を拝読し、いろいろと思うところがあったので書いた研究ノートがオンラインで公開されておりました。「『下衆の勘ぐり』の極北 : 『動機』の理解をめぐる研究の展開 」https://t.co/h5qgEepdZf
【メモ】”生の声を聞くことで,自分が今後どのように成長していかなければならないかを学生は考察することができる.医師という職業は社会のニーズに合わせて成り立つものであり,医師への不信感の存在を学ぶことはこれから医師になる医学生にとって極めて重要な学びである.” https://t.co/Xq6jwNqdgE
PDFあり。 ⇒大谷哲 「インターネット歴史学コンテンツと社会への発信 : 「せんだい歴史学カフェ」の活動より」 『史苑』79巻2号 (2019-5) https://t.co/GuhzClYH6q
PDF公開論文。前後篇の大作です。 宗臺 秀明「鎌倉出土かわらけの系譜と編年 一東国社会の変質と中世の成立(前):研究史と用語の定義」 鶴見大学紀要. 第4部, 人文・社会・自然科学編 (55),2018-02 https://t.co/aJFGtAbLUG
渡邊裕一「ジョン・ロックと困窮者の生存権」https://t.co/4rfUXaFQbz 勉強になった。これだと困窮者援助義務は自然法上の義務だが不完全義務なので政府がサンクションなどによって無理矢理それを強制することはできない。その一方で困窮者の生存権保護を法制化する意欲自体はあったようだ。
「行動分析学事典」(丸善出版)は,現在,以下の大学図書館に所蔵されています(47大学)。 慶應,関学,筑波,法政,早稲田の図書館には,今のところ,所蔵されていませんね〜 https://t.co/x7v2NlDf5S
舞城王太郎さんの小説執筆における「推敲」を、タイプトレース(タイピング行為を時間情報と共に記録したもの)から分析し、文芸誌の〆切が与える影響を示した工藤彰さんの研究は、素材も手法も前代未聞で初めて読んだとき感動しました。こんな作家研究がありえるのかと。 https://t.co/ZoPHtSKzGE https://t.co/xYIHkZnVP1
#超算数 第三期改訂版までの国定教科書編纂趣意書の要約本。 帝都教育研究会編『国定教科書編纂趣意書集成』東京、教育書院、1932年。https://t.co/2SqRY47h4x メートル法と総九九(乗数が先)を採用した第三期改訂版算術教科書は、当時の用語(今もこの流儀に従う研究者あり)で第四次と呼ばれた。
溝尻真也 (2010) 「ラジオ自作のメディア史――戦前/戦後期日本におけるメディアと 技術をめぐる経験の変容」『マス・コミュニケーション研究』 https://t.co/prI9IKkULI
現在、最も研究が盛んなのは、教育哲学(人間学)に関するものだと思う。例えば以下の科研プロジェクト。思えば戦後、四天王の高坂は学芸大、高山は玉川大へ転任するが、いずれも教育系では重要な大学。影に隠れがちな木村素衛や戦後の東大教育学を作った勝田守一も必須だ。 https://t.co/jGhrrLi9Cx

52 0 0 0 OA 転移学習

転移学習 [神嶌, 2010, JSAI] 転移学習の体系的な解説。転移学習の効果や、特徴/事例ベースと分離/統合型で分類した手法群を中心に、negative transferやカリキュラム学習にも触れている。inductiveとtransductiveの違いについても記述がある。 https://t.co/kphKvva2F4 #NowReading https://t.co/ygHy5NYFP6
●小松英海・村田佳代子・妹尾武治「ベクションへの現象学的アプローチ」『日本バーチャルリアリティ学会論文誌』22(3)、2017年。https://t.co/gKLTFOUwYE ●玉田靖明「近年のベクション研究の動向」『視覚の科学』38(1)、2017年。https://t.co/ro1M1gPKeM
●小松英海・村田佳代子・妹尾武治「ベクションへの現象学的アプローチ」『日本バーチャルリアリティ学会論文誌』22(3)、2017年。https://t.co/gKLTFOUwYE ●玉田靖明「近年のベクション研究の動向」『視覚の科学』38(1)、2017年。https://t.co/ro1M1gPKeM
前職での仕事をまとめた雑誌論文が出版されました。安心しました。 / https://t.co/PUr7zhXruA
昨日の配信「無宗教について」で視聴者に紹介された論文を読む。まず何はともあれ、ネットで読める論文というのは喜ばしい。わざわざ大学図書館にか行きたくない。 CiNii 論文 -  スピリチュアリティと「ほんとうの自己」 : インターネット時代の宗教と主体 https://t.co/5AuYiXagx6 #CiNii
https://t.co/265DlTX83v 院生時代に書いた論文の書誌情報ですが、これは自分でも書けたと思っています。どう評価されているかは知りもしませんが。
3月に刊行した拙論の報告会が予定されてます。論文の方はhttps://t.co/WQw54npqzH にてダウンロード可能です。 いろいろと時間が限られてますので、発表というより皆さんのご意見を聞く機会にできればと思います。https://t.co/YU8Koz39CX
厚生経済学のBergaining problemの内容がいまいちしっくりこなかったので参考資料を調べてたら、ゲーム理論の歴史に関する良い論文を見つけた。 ↓ 岡田章. (2007). ゲーム理論の歴史と現在. 経済学史研究, 49(1), 137-154. :https://t.co/ej7es7GzGb
首都大学東京の『人文学報 フランス文学』最新号がPDFで公開! 「移民との連帯 アルジェリア独立戦争から68年5月まで」という論考を寄せています。五月革命における移民は語られることが少ないので是非読んでみて下さい。最後に少しだけ黄色いベストにも言及しています。 https://t.co/Xbnhko6iph https://t.co/dpjThvkdbq
CiNii 論文 -  町から宮廷へ、娯楽から作品へ -1760年代から70年代のナポリの喜劇オペラの社会的地位の変化と、台本における"笑い"の重心の変化- 山田先生の面白い論文を見つけました。簡単にダウンロードできます。 https://t.co/IbewiNot9E #CiNii
1日の労働時間が7-9時間群と比して,11時間以上群は急性心筋梗塞リスクが1.63倍増加し,中でも勤務者では2.11倍,追跡開始年齢50歳以上では2.6倍増加する.本邦15277例20年追跡コホート研究(Circ J 2019 Mar6) https://t.co/4KTa4jTTSw 当然の結果でしょうが、日本ではこういう研究は実は初めてです
日本での議論はこの辺りの論文が参考になります。 「日常生活における表現活動と図画工作・美術科教育 : マンガ・イラスト的表現をめぐって」 https://t.co/yxD0THLFrA 「感情表現と漫画 I : 幼児期から思春期までの自由な表現の発達過程に関する実態調査」 https://t.co/Dk7vn0SvOI #CiNii
日本での議論はこの辺りの論文が参考になります。 「日常生活における表現活動と図画工作・美術科教育 : マンガ・イラスト的表現をめぐって」 https://t.co/yxD0THLFrA 「感情表現と漫画 I : 幼児期から思春期までの自由な表現の発達過程に関する実態調査」 https://t.co/Dk7vn0SvOI #CiNii
ご質問いただきましたので、参照元の論文・記事の一部を掲載しておきます (文字数の関係w) [大画面ディスプレイ・多画面ディスプレイの導入による業務効率化の測定 - 富士ゼロックス] https://t.co/A93WehawXG [How Multiple Monitors Affect Wellbeing - Steelcase] https://t.co/D4TNKHtIlI
ここでいちおうマンガ研究の宣伝。私がむかしマンガ学会で発表した戦前少女漫画の歴史の研究です。2008年ってもう10年前…? CiNii 論文 -  戦前少女漫画の誕生と消長 [含 座長コメント] (日本マンガ学会第8回大会特集号) https://t.co/0ncE0bougB #CiNii
PDFあり。 畠山真一「アニメーション作品におけるリアリティ水準と「不気味の谷」」 尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編 2018年50巻 https://t.co/vU8zv57bIP
稲岡大志 「堀江由衣をめぐる試論 : 音声・キャラクター・同一性」 『フィルカル : philosophy & culture 分析哲学と文化をつなぐ』1(2), 2016年 https://t.co/zIfPWwyhv0
松永伸太朗・永田大輔 フリーランスとして「キャリア」を積む アニメーターの二つの職業観から https://t.co/GEFOq248Us 松永さんとの共著論文が電子公開されました。フリーランス労働・キャリア・アニメーターに学術的関心がある方はぜひ。文系では珍しい完全共著(執筆パート分けなし)論文です。
@cxp02120 wiki見ていたら昭和9年の書籍にリンクのようなものが、また柳田国男 (1946), 「毎日の言葉」, 『柳田国男全集 第15巻』(1998) に再収, 筑摩書房, 249-250頁の中にも何点かの引用あるもようで、もう少し早く戦中教育の可能性もあるかもです。 https://t.co/xLMvh3a59Q
日本でMOOC元年と言われた2013年にすでに海外では下り坂だった https://t.co/plUq1uzrc6 実際,数学の場合にe-learning的なものだけで勉強を進められるかというと,よほどの超技術でもないと難しいように思う。ただ,MOOCに限らず新しい技術をどう教育に取り入れるかは継続して考えないといけない。

フォロー(4802ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

川野明正「街巷空間を守る厦門の獅子神「石獅公」 : シナ海石造獅子・狗犬文化圏の比較研究(3) (福本勝清名誉教授退職記念号)」『明治大学教養論集』541、2019年。https://t.co/uOR1JTLmkP
RT @toya42_fortran: 「一般曲線座標のうえで方程式を保存形に書くのは相対論のおはこである。しかし、かなしいかな航空工学の専門家にはその素養がなく、導出された方程式はぶざまな形をしたものであった 。」 "数値流体力学における差分法、有限体積法の応用",松田,1…
関口 英子, 連続群とその表現論を学ぶための本, 応用数理, 2007, 17 巻, 3 号, p. 256-258, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/XEdz123hIo, https://t.co/wsz5HoyCmb
関口 英子, 連続群とその表現論を学ぶための本, 応用数理, 2007, 17 巻, 3 号, p. 256-258, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/XEdz123hIo, https://t.co/wsz5HoyCmb
RT @contractio: 尾崎俊介(2016)「アメリカにおける「自己啓発本」の系譜」 外国語研究 49, 67-84, 2016, 愛知教育大学外国語外国文学研究会 / 1件のコメント https://t.co/fGV28CL7ox “CiNii 論文 -  アメリカに…
RT @contractio: 尾崎俊介(2016)「アメリカにおける「自己啓発本」の系譜」 外国語研究 49, 67-84, 2016, 愛知教育大学外国語外国文学研究会 / 1件のコメント https://t.co/fGV28CL7ox “CiNii 論文 -  アメリカに…
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @genoishi: #富山県立大学 紀要に掲載された論文の電子版が公開されました。 「アニメ《舞台探訪》成立史・新訂版:いわゆる《聖地巡礼》の起源と紀元」  https://t.co/sxJXIsJKeO 2011年に同じ主題で発表した論考を、その後の勉強の成果を反…
ヒトの概日リズムがほんとは25時間周期だっていう定説が今でも有効だったか調べてたら、「夜間中途覚醒の位置づけと対応」といった別の興味ある話題がいろいろと出てきてこれはこれで良い https://t.co/bEFOkVMQep
こういうのはあるんですが https://t.co/j8Qqnro7sK 生きた人間の頭蓋骨に矢が刺さる、といった形での先行文献はすぐには見当たらず
RT @kyow_QQ: 交通流モデルに現れる超幾何級数解/金井政宏/西成活裕 /時弘哲治/ https://t.co/Y0fR4Wtt2g
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @toya42_fortran: 天文CFDが気になって京大にいらっしゃった松田先生の(ネットに落ちている)記事を読んでいるのですが,どうも航空CFDにおける(初期の?)一般曲線座標系の支配方程式はイマイチ良くない形らしい.どのような問題点があるのでしょうか? http…
RT @toya42_fortran: 「一般曲線座標のうえで方程式を保存形に書くのは相対論のおはこである。しかし、かなしいかな航空工学の専門家にはその素養がなく、導出された方程式はぶざまな形をしたものであった 。」 "数値流体力学における差分法、有限体積法の応用",松田,1…
RT @mizokumiko: これ今TLに流れてきたんだけど、わたしが読まなければならないやつだ… CiNii 論文 -  アメリカにおける「自己啓発本」の系譜 https://t.co/jr74QEyzFM
RT @toya42_fortran: 「一般曲線座標のうえで方程式を保存形に書くのは相対論のおはこである。しかし、かなしいかな航空工学の専門家にはその素養がなく、導出された方程式はぶざまな形をしたものであった 。」 "数値流体力学における差分法、有限体積法の応用",松田,1…
RT @nekonoizumi: 論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
論文の末尾と言えば、今まで読んだ中で末尾が一番唐突だったのが、 香内三郎「クロムウェル治下における「寛容」の限界」 というクロムウェル共和制下の「寛容」とクェイカーの論文。 https://t.co/9mEIkevxt4
RT @BungakuReportRS: 野中 哲照 - 『将門記』対句集中部=〈描写慨嘆評価層〉の後次性 https://t.co/MC6kSfW8FV
RT @quiriu_pino: #こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
【TS/TG/X/性自認/ゆらぎ/Sexuality】ROS編著『トランスがわかりません!! : ゆらぎのセクシュアリティ考』アットワークス (2007.3) [ISBN 978-4-939-04223-2] https://t.co/kYgsN4exVl
CiNii 論文 -  アメル先生は、はたして、"他人の言葉を強制する加害者"だったのか : 蓮實重彦氏の『最後の授業』否定論への疑問(<小特集>文学教育を考える) https://t.co/PUZVPdOLRO #CiNii
#こんな論文が出ていたようです 野中 哲照「公地公民制から王土王民思想へ : 王朝国家における〈神聖天皇〉成立の回路」 古典遺産 (68), 1-26, 2019-03 https://t.co/tTnHiecyk7
RT @BungakuReportRS: 平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
大宮台地にもある、難透水性の常総粘土あたりからわき出してるのかなぁ。大宮台地北部の大宮層におけるテフラ層序と堆積環境 https://t.co/cdxoX5jhMk
【総合/Gender】ジェニファー・ジャーモン著(左古輝人 訳)『ジェンダーの系譜学 (叢書・ウニベルシタス 986)』法政大学出版局 (2012) [ISBN 978-4-588-00986-0] https://t.co/Wh29I2RrlO
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @genkuroki: #超算数 添付画像は https://t.co/c7fcWbsAV9 でオープンアクセスになっている報告全体です(1ページしかない)。そこでは大学生に関する調査では数直線図が割合概念の理解にほとんど役に立って無さそうな様子が報告されています。小学生…
尾崎俊介(2016)「アメリカにおける「自己啓発本」の系譜」 外国語研究 49, 67-84, 2016, 愛知教育大学外国語外国文学研究会 / 1件のコメント https://t.co/fGV28CL7ox “CiNii 論文 -  アメリカにおける「自己啓発本」の系譜” https://t.co/JZvRpJsHcC #自己啓発 #ニューソート
尾崎俊介(2016)「アメリカにおける「自己啓発本」の系譜」 外国語研究 49, 67-84, 2016, 愛知教育大学外国語外国文学研究会 / 1件のコメント https://t.co/fGV28CL7ox “CiNii 論文 -  アメリカにおける「自己啓発本」の系譜” https://t.co/JZvRpJsHcC #自己啓発 #ニューソート

2 2 2 2 OA 柳はし

RT @benimuseum: 浮世絵資料情報について 三代歌川豊国画「江戸名所百人美女 柳はし」 (デジタルコレクションURL: https://t.co/vmF32maB89) 鏡の裏に、唐草文様の紅猪口が伏せて置かれていることが確認できます
【LG/TS/TG/TV/他】矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 (2006) [ISBN 4-8057-1316-X] https://t.co/H9qsSr1vwi
"平舘村は、自殺への哀惜の情が最も強く、その一方で、観念し諦めるという気持ちが最も弱かった。また、同村では、じさ自殺問題や自殺した人に対する偏見や白眼視傾向がより小さいという可能性が示唆された。" https://t.co/oIRblUW6dP
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
RT @nekonoizumi: PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
【Queer studies】中村美亜『クィア・セクソロジー : 性の思いこみを解きほぐす』インパクト出版会 (2008) [ISBN 978-4-7554-0191-6] https://t.co/xVO10iom7x
CiNii 論文 -  福祉国家を支持する規定要因に関する研究動向と展望 : アクティベーションとスティグマとの関連に着目して https://t.co/YgzbnBVtyD #CiNii
CiNii 論文 -  人格と承認 ―社会福祉の人間学― https://t.co/aBqBPOrGgn #CiNii
CiNii 論文 -  人口減少地域(消滅可能性都市)における対策の検討 -地域住民・ボランティア・専門職の自由記述の分析- https://t.co/N8nGt1bwev #CiNii
CiNii 論文 -  フランス・イタリアにおける終末期ケアの意思決定支援 https://t.co/gmawW4rwnv #CiNii
CiNii 論文 -  「共感でつながるアサーション」による子育てネットワークの開発 https://t.co/Lzs5CiznbN #CiNii
CiNii 論文 -  母親の失体感症傾向と子ども虐待傾向の関連性について https://t.co/IRGAD23mwa #CiNii
CiNii 論文 -  心の理論発達における共同注意,内受容感覚,および親子間近接相互作用の働きに関する理論的検討 https://t.co/HI9Gjuk3Ml #CiNii
CiNii 論文 -  福祉・介護現場における人事評価・人事評価の課題 https://t.co/b2FH6NY6vy #CiNii
CiNii 論文 -  日本の雇用,社会システムにおける性差別及び人権について https://t.co/v6xDYuoQdh #CiNii
CiNii 論文 -  独立型社会福祉士によるソーシャルワーク実践の価値 : ホッとホーム『てのひら』の生活支援(ナイトケア)事業 https://t.co/QtI5vWsaRc #CiNii
CiNii 論文 -  繰り返される悩みと苦しみ、手渡される励ましと希望 : 発達障がいのある子どもの親たちによる「語ろう会」の様子から https://t.co/vadCEvfTzy #CiNii
【LGBT/法】矢島正見「第8章 性的マイノリティの人権保障 : 国際人権法を素材として」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.586-616 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【TS/TG/TV】鶴田幸恵「第7章 女装者との差異を語る : 「TS/TGであること」をする実践」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.557-585 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
RT @ogawa_tter: .@kazunori_279 @kumagi @miyox @yyasuda @Ryuz88 東北大学 羽生教授 https://t.co/QHgT7UVvKr "ストカスティック演算に基づく省エネルギー脳型LSI設計技術"、2017年 http…
【LG/TG/TV】村上隆則ほか「第6章 戦後日本の雑誌メディアにおける「男を愛する男」と「女性化した男」の表象史」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』 P.519-556 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
Tensor Factor Analysis for Arbitrary Speaker Conversion https://t.co/udmnH9vm1s
【L】杉浦郁子「第5章 1970,80年代の一般雑誌における「レズビアン」表象 : レズビアンフェミニスト言説の登場まで」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』P.491-518 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
.@kazunori_279 @kumagi @miyox @yyasuda @Ryuz88 東北大学 羽生教授 https://t.co/QHgT7UVvKr "ストカスティック演算に基づく省エネルギー脳型LSI設計技術"、2017年 https://t.co/2U1kQArBqw との共同研究もされている Gross教授 (McGill Univ) の 2020年3月の招待講演です https://t.co/su79DB300Q
【TG/TV】矢島正見「第4章 会員名簿からの演劇研究会会員43名の考察」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.472-490 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
「信頼関係」そして「ラポール」という言葉を思い出す。2013年に取り上げたのは https://t.co/uCqvpWKQaK で、「ラポール形成後」は https://t.co/iHG6tFdP0L の右カラム1行目
大学生の悩み相談に乗った経験が獲得的レジリエンスに及ぼす影響 : 共感性とポジティブな評価に着目して 久留米大学機関リポジトリ https://t.co/pTdoR2HtOH
【TG/TV】三橋順子「第3章 「性転換」の社会史(2) : 「性転換」のアンダーグラウンド化と報道」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.436-471 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
「地名が教えてくれる地域性を知ることが地域アイデンティティとなり、ひいては地域ブランドに繋がる」という考え方は過去と未来のバランスをとった折衷案 宇田川 大介「地名情報を用いた地域ブランドの構築」 https://t.co/sQDT7vViaD https://t.co/PXfs2uFKPM
【TG/TV】三橋順子「第2章 「性転換」の社会史(1) :日本における「性転換」概念の形成とその実態,1950~60年代を中心に」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』P.397-435 https://t.co/H9qsSr1vwi
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 山本康司 - 南北朝期室町幕府官制の研究 https://t.co/QVL0si2A8B
PDFあり。 ⇒矢田勉 「日本語学会の社会的役割と『日本語学大辞典』 公共知としての『日本語学大辞典』に期待すること」 『日本語の研究』16巻1号 (2020) https://t.co/jfMQ1UNuQS
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @BungakuReportRS: 加藤 禎行 - 楢崎勤宛佐多稲子書簡について : 一九五七年春、女性作家が旧知の元編集者に送った手紙 https://t.co/O5cVCthAVu
RT @BungakuReportRS: 平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
RT @BungakuReportRS: CiNii 博士論文 - 石塚由佳 - 韓国近代小説文体の成立過程に関する研究 https://t.co/qQlCyZ0zXs
古代の一日と「ぬばたまの夜」(前篇) https://t.co/6mAh6waWrY
CiNii 論文 - 障害児をもつ家族における「父親」に関する検討と展望 https://t.co/CXC2pwejaT
もし今年体育祭があったならガチで扱おうとしていた教材。数Ⅰで2次関数学んだ後にはぜひトライしたい。「全員リレーに勝ちたい。どうしたらいいか?」から始まる、バトンパスの位置の最適化問題(大澤、1996)。数学教育研究界隈では超有名教材です。 https://t.co/9W9DYSdMz5 https://t.co/wpXJacxNd8
目黒強「『少年園』における表象としての「現実」と「地方少年」」『日本文学』47(12)、1998年。https://t.co/e36gy2SgPh
【TG/TV】三橋順子「第1章 現代日本のトランスジェンダー世界 : 東京新宿の女装コミュニティを中心に」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.355-396 https://t.co/H9qsSqJU7I
古代の一日と「ぬばたまの夜」(後篇) https://t.co/XqND2Siwba
CiNii 論文 - 障害のある人の地域生活における意思決定支援の視座―生活介護事業所Xにおける実践を中心にー https://t.co/bOzVVuFZpP
↓所蔵大学図書館も少ないですね。 https://t.co/el2YmbcjUe
【TG/TV】杉浦郁子ほか「第3章 女装者愛好男性A氏のライフヒストリー」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.245-352 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
古代のアサガホ:朝顔、桔梗、槿、昼顔、のあさがお説の検討 https://t.co/jxNzQ4Mat3
CiNii 論文 - 障がい者相談支援センター職員の言説から分析する 大阪市の区地域自立支援協議会の現状と課題 https://t.co/8hQsPVpziy
【TG/TV】杉浦郁子ほか「第2章 美島弥生のライフヒストリー」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.129-243 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
古事記と日本書紀におけるシャーマニズム:崇神天皇の段におけるオホモノヌシを巡って https://t.co/L74ZOnDMU2
CiNii 論文 -  省察的実践の実践モデル構築に関する一考察―ソーシャルワーク実践の構成要素からの検討― https://t.co/l9QkxDPTUJ
【TG/TV】杉浦郁子ほか「第1章 松葉ゆかりのライフヒストリー」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.21-127 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
現代文化研究における文化概念と分析ツールに関する覚え書き--アニメーション『新世紀エヴァンゲリオン』を手がかりとして https://t.co/nutruEct9x
CiNii 論文 - 小地域福祉活動団体の継続要因と個人的変化が及ぼす活動への影響 ─ 活動メンバーに対するインタビュー調査を通して ─ https://t.co/mtZ3sPO1jl
「言語構造への数学的アプローチ  treeの概念を中心にして」 https://t.co/hiZonieZho おお,高橋正子先生の記事が.
“1902 年日本に神経学を独立するための建議書が国会に出された.しかし,不幸にして,衆議院を通過しなかった.日本の神経学会は,日本精神神経学会となり,神経学は,大学では,精神科,内科の一部で講義されることとなり,神経学としては,苦難の時代の始まりとなった.” https://t.co/kFhWVgOO5u
【LG/TS/TG/TV/他】矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
現代表象文化論(2)「かわいい」は正義:『パワーパフ・ガールズ』のリメイクに見る少女のセクシュアリティ表象 https://t.co/6Jwhjlk7YN
CiNii 論文 - 序説 : 戦後地域福祉実践の先駆的系譜 https://t.co/MfBPmmcLrH
これ初めて読んだけど良かった。行動分析学研究の佐藤方哉先生追悼集の中の1つ。文章上手いなあ。この追悼集は読み応えありますね。 →徹底的警句主義 : 開かれた随伴性の中で サトウ タツヤ, 渡邊 芳之 J-STAGE Articles https://t.co/F7JBBefaaB
【GID】谷口功一「「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」の立法過程に関する一考察」法哲学年報 Vol.2003 (2004) P.212-220,226 https://t.co/bqpvOR501r
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
RT @JpExblogAim7: 日本航空宇宙学会誌 20巻 (1972) 224 号「第二次世界大戦イギリス空軍のOR」から引用。著者は佐貫亦男氏でリファレンスも明記しているので、内容は信頼できます。 https://t.co/RkpMzXkKxX
さらに国会デジコレ『東京流行細見記』(明18)https://t.co/qubdW78SZ6 には、「学校屋ほん」の中に「中近 きんざ」として記載。「教科書」を取り扱う書籍問屋とのこと。 (参考:浮世絵文献資料館https://t.co/2m32VyOzF8 吉原細見になぞらえて諸職を評判・案内する『東京流行細見記』、楽しい! https://t.co/RzST763oyx

13 1 1 0 OA 和漢三才図会

…と思って国会デジコレを更に見ていたら、『和漢三才図会』の奥付https://t.co/9wRfzhQVsT に、中島精一の名があり、中近堂の社主であることが判明。 https://t.co/hboxBGoPfA

1 1 1 0 OA 民間経済録

福沢の『民間経済録』再版、奥付の証紙は「S. I. NAKASIMA AND COMPANY」(検印「中島精一」)とありhttps://t.co/4R6t34v7AF 売捌所の一つ越中富山の中島出張店のものかhttps://t.co/EJckaYbRS3 参考:初版奥付は、国会デジコレhttps://t.co/5lTmCGeaAs 証紙なし、二編に義塾の「漉入り別紙」あり
【LG(B)/キリスト教】芳賀 力「同性愛を巡る組織神学者の見解」紀要 2巻 p.75-88 (1999-03-20) 東京神学大学 https://t.co/4DBS3Obqam [PDF][情提]

3 3 3 0 OA 美的道徳

RT @earthcolor369: 鷹太郎が音楽に触れたものとしては『美的道徳』(1908年)があるけど、音楽論という感じでも、博論にしようとした内容という感じでもない。 https://t.co/gDczqLxH0j

フォロワー(3159ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

川野明正「街巷空間を守る厦門の獅子神「石獅公」 : シナ海石造獅子・狗犬文化圏の比較研究(3) (福本勝清名誉教授退職記念号)」『明治大学教養論集』541、2019年。https://t.co/uOR1JTLmkP
RT @toya42_fortran: 「一般曲線座標のうえで方程式を保存形に書くのは相対論のおはこである。しかし、かなしいかな航空工学の専門家にはその素養がなく、導出された方程式はぶざまな形をしたものであった 。」 "数値流体力学における差分法、有限体積法の応用",松田,1…
RT @toya42_fortran: 天文CFDが気になって京大にいらっしゃった松田先生の(ネットに落ちている)記事を読んでいるのですが,どうも航空CFDにおける(初期の?)一般曲線座標系の支配方程式はイマイチ良くない形らしい.どのような問題点があるのでしょうか? http…
関口 英子, 連続群とその表現論を学ぶための本, 応用数理, 2007, 17 巻, 3 号, p. 256-258, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/XEdz123hIo, https://t.co/wsz5HoyCmb
関口 英子, 連続群とその表現論を学ぶための本, 応用数理, 2007, 17 巻, 3 号, p. 256-258, 公開日 2017/04/08, Online ISSN 2432-1982, https://t.co/XEdz123hIo, https://t.co/wsz5HoyCmb
RT @genoishi: #富山県立大学 紀要に掲載された論文の電子版が公開されました。 「アニメ《舞台探訪》成立史・新訂版:いわゆる《聖地巡礼》の起源と紀元」  https://t.co/sxJXIsJKeO 2011年に同じ主題で発表した論考を、その後の勉強の成果を反…
ヒトの概日リズムがほんとは25時間周期だっていう定説が今でも有効だったか調べてたら、「夜間中途覚醒の位置づけと対応」といった別の興味ある話題がいろいろと出てきてこれはこれで良い https://t.co/bEFOkVMQep
RT @kyow_QQ: 交通流モデルに現れる超幾何級数解/金井政宏/西成活裕 /時弘哲治/ https://t.co/Y0fR4Wtt2g
RT @toya42_fortran: 天文CFDが気になって京大にいらっしゃった松田先生の(ネットに落ちている)記事を読んでいるのですが,どうも航空CFDにおける(初期の?)一般曲線座標系の支配方程式はイマイチ良くない形らしい.どのような問題点があるのでしょうか? http…
RT @toya42_fortran: 「一般曲線座標のうえで方程式を保存形に書くのは相対論のおはこである。しかし、かなしいかな航空工学の専門家にはその素養がなく、導出された方程式はぶざまな形をしたものであった 。」 "数値流体力学における差分法、有限体積法の応用",松田,1…
【TS/TG/X/性自認/ゆらぎ/Sexuality】ROS編著『トランスがわかりません!! : ゆらぎのセクシュアリティ考』アットワークス (2007.3) [ISBN 978-4-939-04223-2] https://t.co/kYgsN4exVl
CiNii 論文 -  アメル先生は、はたして、"他人の言葉を強制する加害者"だったのか : 蓮實重彦氏の『最後の授業』否定論への疑問(<小特集>文学教育を考える) https://t.co/PUZVPdOLRO #CiNii
RT @BungakuReportRS: 平林 一成 - 『風姿花伝』「似せぬ位」における〝変身〞と〝花〞(一) https://t.co/ZYJxKU7Ucq
【総合/Gender】ジェニファー・ジャーモン著(左古輝人 訳)『ジェンダーの系譜学 (叢書・ウニベルシタス 986)』法政大学出版局 (2012) [ISBN 978-4-588-00986-0] https://t.co/Wh29I2RrlO
【LG/TS/TG/TV/他】矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 (2006) [ISBN 4-8057-1316-X] https://t.co/H9qsSr1vwi
RT @shinjiasada02: 日本でのこの言葉の使われ方については、以下の論文をどうぞ。 陳贇「『民度』――和製漢語としての可能性」『関西大学東西学術研究所紀要』第45輯、2012年4月 https://t.co/aK7WYrMhZF
【Queer studies】中村美亜『クィア・セクソロジー : 性の思いこみを解きほぐす』インパクト出版会 (2008) [ISBN 978-4-7554-0191-6] https://t.co/xVO10iom7x
CiNii 論文 -  福祉国家を支持する規定要因に関する研究動向と展望 : アクティベーションとスティグマとの関連に着目して https://t.co/YgzbnBVtyD #CiNii
CiNii 論文 -  人格と承認 ―社会福祉の人間学― https://t.co/aBqBPOrGgn #CiNii
CiNii 論文 -  人口減少地域(消滅可能性都市)における対策の検討 -地域住民・ボランティア・専門職の自由記述の分析- https://t.co/N8nGt1bwev #CiNii
CiNii 論文 -  フランス・イタリアにおける終末期ケアの意思決定支援 https://t.co/gmawW4rwnv #CiNii
CiNii 論文 -  「共感でつながるアサーション」による子育てネットワークの開発 https://t.co/Lzs5CiznbN #CiNii
CiNii 論文 -  母親の失体感症傾向と子ども虐待傾向の関連性について https://t.co/IRGAD23mwa #CiNii
CiNii 論文 -  心の理論発達における共同注意,内受容感覚,および親子間近接相互作用の働きに関する理論的検討 https://t.co/HI9Gjuk3Ml #CiNii
CiNii 論文 -  福祉・介護現場における人事評価・人事評価の課題 https://t.co/b2FH6NY6vy #CiNii
CiNii 論文 -  日本の雇用,社会システムにおける性差別及び人権について https://t.co/v6xDYuoQdh #CiNii
CiNii 論文 -  独立型社会福祉士によるソーシャルワーク実践の価値 : ホッとホーム『てのひら』の生活支援(ナイトケア)事業 https://t.co/QtI5vWsaRc #CiNii
CiNii 論文 -  繰り返される悩みと苦しみ、手渡される励ましと希望 : 発達障がいのある子どもの親たちによる「語ろう会」の様子から https://t.co/vadCEvfTzy #CiNii
【LGBT/法】矢島正見「第8章 性的マイノリティの人権保障 : 国際人権法を素材として」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.586-616 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【TS/TG/TV】鶴田幸恵「第7章 女装者との差異を語る : 「TS/TGであること」をする実践」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.557-585 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【LG/TG/TV】村上隆則ほか「第6章 戦後日本の雑誌メディアにおける「男を愛する男」と「女性化した男」の表象史」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』 P.519-556 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【L】杉浦郁子「第5章 1970,80年代の一般雑誌における「レズビアン」表象 : レズビアンフェミニスト言説の登場まで」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』P.491-518 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【TG/TV】矢島正見「第4章 会員名簿からの演劇研究会会員43名の考察」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.472-490 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
「信頼関係」そして「ラポール」という言葉を思い出す。2013年に取り上げたのは https://t.co/uCqvpWKQaK で、「ラポール形成後」は https://t.co/iHG6tFdP0L の右カラム1行目
【TG/TV】三橋順子「第3章 「性転換」の社会史(2) : 「性転換」のアンダーグラウンド化と報道」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.436-471 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
【TG/TV】三橋順子「第2章 「性転換」の社会史(1) :日本における「性転換」概念の形成とその実態,1950~60年代を中心に」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』P.397-435 https://t.co/H9qsSr1vwi
目黒強「『少年園』における表象としての「現実」と「地方少年」」『日本文学』47(12)、1998年。https://t.co/e36gy2SgPh
【TG/TV】三橋順子「第1章 現代日本のトランスジェンダー世界 : 東京新宿の女装コミュニティを中心に」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.355-396 https://t.co/H9qsSqJU7I
↓所蔵大学図書館も少ないですね。 https://t.co/el2YmbcjUe
【TG/TV】杉浦郁子ほか「第3章 女装者愛好男性A氏のライフヒストリー」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.245-352 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【TG/TV】杉浦郁子ほか「第2章 美島弥生のライフヒストリー」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.129-243 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【TG/TV】杉浦郁子ほか「第1章 松葉ゆかりのライフヒストリー」矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 P.21-127 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
【LG/TS/TG/TV/他】矢島正見編著『戦後日本女装・同性愛研究 (中央大学社会科学研究所研究叢書16)』中央大学出版部 (2006) https://t.co/H9qsSqJU7I
RT @saisenreiha: CiNii 論文 -  カノン法と教会法--プロテスタント教会法学の生成 https://t.co/xyEjTbdeBo #CiNii
【GID】谷口功一「「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」の立法過程に関する一考察」法哲学年報 Vol.2003 (2004) P.212-220,226 https://t.co/bqpvOR501r
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ https://t.co/nnOl3y7AN6
【LG(B)/キリスト教】芳賀 力「同性愛を巡る組織神学者の見解」紀要 2巻 p.75-88 (1999-03-20) 東京神学大学 https://t.co/4DBS3Obqam [PDF][情提]
【G(L)/キリスト教】小林昭博「男と男が寝るのは罪か? : 一コリント6:9におけるAPΣENOKOITAI」神學研究 54巻 p.15-29 (2007-03) 関西学院大学 https://t.co/FAHFy5nalh [PDF][情提]
#超算数 これも大久保さん情報のメモhttps://t.co/t7va7nlLo2 学習指導大系刊行会編『尋常小学算術科指導書』上巻 東京、帝国地方行政学会、1927年。https://t.co/ewREaMnInf 59頁に【8人×4…を4×8人でもよい訳だといふので、斯様な立式をしたりしては式の意味をなさない。 】と述べる。 https://t.co/4fA5eS7j27
【LGBTQA】小坂啓史「社会的排除と包摂についての社会意識的基盤 : 排除の対象と社会政策意識に関する実証的研究」愛知学泉大学コミュニティ政策学部紀要 8巻 p.93-112 (2005-12) 愛知学泉大学 https://t.co/Ytjt3JGKdq [PDF][情提]
霜乃会トークの中で登場した、歴史的な浪曲の名人「桃中軒雲右衛門」を追いかける中で、大谷卓史「桃中軒雲右衛門事件」(『情報管理』56巻8号、2013年) https://t.co/djyFPVSWHv を読みました。日本における著作隣接権の起源となった事件であり、当時の浪曲師の地位の一端を感じるものでもある。
@OokuboTact #超算数 おまけ。ここでスレッド分岐だな。『算術教授法に関する新研究 』の巻末には宝文館の刊行書の宣伝があるhttps://t.co/FNPA0j4oQa。そこで長沢亀之助が『算術辞典』なるものを出していることを知った。残念ながらNDL電書で一般公開なのはその『見出』だけだったhttps://t.co/0s9KEgO4Nq。
@OokuboTact #超算数 おまけ。ここでスレッド分岐だな。『算術教授法に関する新研究 』の巻末には宝文館の刊行書の宣伝があるhttps://t.co/FNPA0j4oQa。そこで長沢亀之助が『算術辞典』なるものを出していることを知った。残念ながらNDL電書で一般公開なのはその『見出』だけだったhttps://t.co/0s9KEgO4Nq。
@OokuboTact #超算数 鈴木筆太郎(1927: 302,3)https://t.co/6szXlaQX88が自身と前著(1911)について述べている。即ち、鈴木は【中等教育をすら受けてゐない】。これは最終学歴が高等小学校ということだろうか? また、前著が4人の著名な教育者から推奨を受けたことも記す。沢柳政太郎、小西重直、林鶴一だろうか。 https://t.co/R1w1vAajSC
RT @_sotanaka: J-STAGEで全文公開されました。 https://t.co/UI8aLz7jZQ
【G(L)/キリスト教】辻 学「「ソドムの罪」は同性愛か : 「他の肉を追い求める」(ユダ7節)をめぐって」関西学院大学キリスト教学研究 2巻 p.5-18 (1999-03-24) 関西学院大学 https://t.co/tM16btYmIP [PDF][情提]
@OokuboTact #超算数 それは諸等数指導の箇所、449頁でhttps://t.co/iezWHPeXB0、【 全く運算上の便宜…から出たものではあらうけれども、それでは、平生八ヶ間しく言つて教へて居る所の「乗数は必ず不名数である」…ということを、事実上破壊することになりはせぬであらうか。 】という表現です。 https://t.co/JXejvYiAMV
@OokuboTact #超算数 大久保さんが教えてくれた 鈴木筆太郎『算術教授法に関する新研究』東京、宝文館、1911年。https://t.co/W8bqplKXPQ は、22頁の【 (5) 乗数、被乗数の叙列を転倒するもの多し。   イ、5ケ×42=420ケとすべきを42×5ケ=210ケとする類。 】以外にも掛順を歴史的に理解する手がかりがあります。 https://t.co/SYMXJcHVnm
政策よりなじみやすいプロジェクトマネジメントの世界でも日本では全く実務で取り入れられていないけど、一般的になったら嬉しい。学会での受けはよかったんだよ、特に実務家に。 https://t.co/191oQBCi4v
【GID】小嶋 剛ほか「性同一性障害における音声外科手術 -Female-to-Male症例に対する甲状軟骨形成3型について-」耳鼻咽喉科臨床 Vol.101 (2008) No. 1 P 39-43 https://t.co/VWCpaYzn4K [PDF]
CiNii 論文 -  二つの震災と市民セクターの再編:3.11被災者支援に刻まれた「統治の転換」の影をめぐって https://t.co/WGDeEqLqVd #CiNii
CiNii 論文 -  〈教育〉化する社会保障と社会的排除:―ワークフェア・人的資本・統治性 https://t.co/QXo77yw51J #CiNii
CiNii 論文 -  ボランティア活動とネオリベラリズムの共振問題を再考する https://t.co/hbZTxlrVUu #CiNii
【GID】柴田憲一ほか「性転換術後,経口避妊薬内服中に発症した脳静脈洞血栓症の1例」脳卒中 Vol.32 (2010) No.2 P.179-184 https://t.co/Ltao969I08 [PDF]
【GID/SRS(GRS)】原科孝雄「“性同一性障害と性転換手術”」日本外科系連合学会誌 Vol.26 (2001) No.2 P.290 https://t.co/67CBVl46X6 [PDF]
CiNii 論文 -  時間・労働規律・工業資本主義 : E.P.Thompson論文に寄せて https://t.co/knZQTw9MFZ #CiNii
【GID】加藤 慶「新聞メディアにおける性同一性障害表象」技術マネジメント研究 Vol.5 (2006) No.1 P.55-65 https://t.co/DVndZjuftw [PDFリポジトリ]
【GID】河村洋子ほか「性同一性障害者の脳梁のMRI正中矢状断の性差」医用電子と生体工学 Vol.39 (2001) No.Supplement P.408 https://t.co/4Bkp8mVnY2 [PDF]
【AID/L】柘植あづみ「精子・卵子・胚提供による生殖補助技術と「家族」」家族社会学研究 Vol.15 (2003-2004) No.1 P.48-54 https://t.co/AXiwxYnZQ8 [PDF_J-STAGE]
【Gender】舘 かおる「大学における教養教育とジェンダー : 女性学・ジェンダー論講座による「知」の転回」教育学研究 Vol.66 (1999) No.4 P.406-416 https://t.co/uakGYI45vo [PDF]
【Gender】伊藤公雄「男性の視点からのジェンダー研究の可能性」日本ジェンダー研究 Vol.1998 (1998) No.1 P.a2 https://t.co/d9NhR8yMU4 [PDF]
「テント写像とその性質〜東大入試の背景〜」https://t.co/VPYucjNEEH─ 「グレイコードによる上位ビットからの任意精度演算」https://t.co/jYWSEWMlAo ─
【Gender/Sexuality/Law】住吉雅美「統一テーマ「ジェンダー、セクシュアリティと法」について」法哲学年報 Vol.2003 (2004) P.1-6,236 https://t.co/yR0wlcWzZB [PDF]
【Gender/Reproductive Rights】堀口悦子「条約とリプロダクティブ・ライツ : 特集2 女性差別撤廃条約と日本女性をめぐる今日的問題」国際女性 Vol.11 (1997) No.11 P.166-169 https://t.co/vLFcHT9yqh [PDF]
●畠山真一「アニメーション化する映画/ 映画化するアニメーション:すべてが制御された世界で」『尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編』48(0)、2016年。https://t.co/wl8eLKD6lY ●同「アニメーション作品におけるリアリティ水準と「不気味の谷」」同、50(0)、2018年。https://t.co/xpYQlkXAPu
●畠山真一「アニメーション化する映画/ 映画化するアニメーション:すべてが制御された世界で」『尚絅大学研究紀要 A.人文・社会科学編』48(0)、2016年。https://t.co/wl8eLKD6lY ●同「アニメーション作品におけるリアリティ水準と「不気味の谷」」同、50(0)、2018年。https://t.co/xpYQlkXAPu
【Queer理論】釜野さおり「日本における家族研究 : クィア・スタディーズの視点からのサーベイ」家族社会学研究 Vol.21 (2009) No.2 P.188-194 https://t.co/JLnvhj0SGx [PDF]
RT @i2k: 情報の科学と技術誌に「ウェブらしさ」を改めて考える-2010年代のウェブと社会-という記事を書きました。普段は発行6ヶ月後に無料公開されますが、期間限定でいますぐ読めるようになっています。 https://t.co/Jdy35o7nml
RT @OokuboTact: @temmusu_n > 鈴木筆太郎さんの諸等数指導。ただし服部は鈴木のどの著書を見たのか明らかにしていないです。 これですね https://t.co/Io7jKjsZPI
RT @OokuboTact: @temmusu_n 鈴木筆太郎にはもう1冊ありますね。 『算術教授法に関する新研究』 明治44年(1911年) > 乗数、被乗数の叙列を転倒するのも多し。 イ、 5個×42=210個とすべきを42×5個=210個とする類。 https://t…
【TG/GID/トイレ・浴場・公共空間問題】村田陽平「日本の公共空間における「男性」という性別の意味」地理学評論 Vol.75 (2002) No.13 P.813-830 https://t.co/ryoUdXnWel [PDF]
相楽勉「自然観の転換と美学受容 : 森鴎外の場合」『国際哲学研究』6、2017年3月。「文学と自然」論争にも注目。https://t.co/912VRGDmD7
【法医学/医事法】黒澤太平ほか「臨床医の知るべき法的事項」昭和医学会雑誌 Vol.63 (2003) No.5 P.462-473 https://t.co/2PqpNK9tjD [PDF]
小倉斉「「文学と自然」論争における鷗外:「『文学ト自然』ヲ読ム」の残した課題」『淑徳国文』25、1983年12月。https://t.co/FIPGQzs5h3
RT @hirokazu926: @Er2eiFs @bon7162 @rossiyaheidayo @personal_anal https://t.co/KnzwBtw7Bh の説明を見るとヘルツ破壊は、小さく硬いものが当たれば起こりえるようですので、球体に限らないと思いま…
【Gender】束村博子「女と男はどうちがうのか? : 生物学的視点からのアプローチ」学術の動向 Vol.11 (2006) No.11 P.35-39 https://t.co/aL1gtG7fFZ [PDF]
@Maco43725544 @Amadeus_vn Garsia-Gessel の原論文: https://t.co/4dscZOSo6E Hoffman の原論文: https://t.co/Skr7SGjbdi
【G】渡辺大輔「若年ゲイ男性の学校内外での関係づくり : 学校空間が持つ排除と分断の政治の検討にむけて」教育学研究 Vol.72 (2005) No.2 P.210-219 https://t.co/0roKY7erBk [PDF]
【GID】石引雄二ほか「自傷行為による外傷性精巣脱出症の1例」日本泌尿器科学会雑誌 Vol.97 (2006) No.1 P.57-59 https://t.co/DpQA98IO7n [PDF]
RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…
【Gender】山口理恵子「女性アスリートによる「性の商品化」をめぐって : スポーツ規範と「構成的外部」」年報社会学論集 Vol.2005 (2005) No.18 P.77-88 https://t.co/lJTs0ybXJf [PDF]
鈴木 元 -  うたうー小歌の声、俳諧連歌の場 https://t.co/tCzgcOopRW
【Gender】林 洋子「女性差別撤廃委員会第42・43・44会期報告」国際女性 Vol.23 (2009) No.1 P.25-29 https://t.co/2gIg55fIRd [PDF]
【Gender/Sexuality】渡辺 浩「序論 : なぜ「性」か。なぜ今か。」年報政治学 Vol.54 (2003) P.3-13 https://t.co/BFtckY6CAb [PDF]
【Gender】原 ひろこ「学術とジェンダー」学術の動向 Vol.8 (2003) No.4 P.53-56 https://t.co/kdQzNwUBgD [PDF]
【GID】大津和弥「音声治療に抵抗した変声障害に対する甲状軟骨形成術3型の経験」喉頭 Vol.22 (2010) No.1 P.22-24 https://t.co/L3sLebASct [PDF]
RT @lwrdhtw: すごく勉強になりそう。 CiNii 論文 -  <創発> 概念の起源 (1) : <創発> をめぐる議論と科学論の生成 https://t.co/5LrEuDQMyD
RT @Phantom_of_USJ: @tiemirin 余談ですが水出しで作る場合、ショ糖やレモン果汁を加えると雑菌を抑えられるという研究結果もあります。(農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センターの報告) https://t.co/JdIUXdQACb