言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (85 users, 87 posts, 116 favorites)

@SWSK_SAWASAKI_ おそらく戦中はもちろん昭和初期は食糧増産(江戸時代に比べ2倍)以上の人口増加で慢性的な食糧不足に陥っていた上に恐慌もあり、道徳的な意味で「食べ物への感謝」が出て来たのかも。リンク(昭和9年の学校提唱… https://t.co/kEYquzkZJZ
@marxindo 別スレッドでは「浄土真宗の影響」「いや曹洞宗の影響だ」ってのが飛び交っていて、まぁ^^; ちなみに「いただきます・ごちそうさま」は昭和9年の ハイハイ学校提唱講話/西川文子 中にあり、この辺りからの普及啓発でし… https://t.co/8edXL25asw
@cxp02120 wiki見ていたら昭和9年の書籍にリンクのようなものが、また柳田国男 (1946), 「毎日の言葉」, 『柳田国男全集 第15巻』(1998) に再収, 筑摩書房, 249-250頁の中にも何点かの引用あるもよ… https://t.co/ZM9m3mSuQe
「いただきます」や「ごちそうさま」という挨拶はいつから始まったのかって思った 調べたら正確な年はわからなくて1934年にはそうしようと書かれた書籍があったみたい→https://t.co/kpgfskFOpG
@yajitum どうも児童教育の場で「いただきます」が推奨&励行されたようなので近デジを引いてみると 「御飯はいたゞきますで始め、ごちさうさまで終りませう。」 http://t.co/AiP48BSaBg というのが出てくる。これが昭和9年(1934年)。
『ハイハイ学校提唱講話』(昭和9) http://t.co/jylAWeNrv5 「御飯はいただきますで始め、ごちさうさまで終りませう」 世相がきな臭くなって、国民の基礎道徳力を上げるために、分かり易い作法として「いただきます」が導入された可能性は如何なるものか。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト