2 0 0 0 OA 国際法講義

著者
前原光雄 述
出版者
金文堂書店
巻号頁・発行日
vol.下, 1940

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 3 posts)

国立国会図書館で領土問題を中心とした国際法に関するレポートをたくさん書いていて、現在は東海大学法学部教授の塚本孝の書いたレポートが、笹川平和財団の「島嶼研究ジャーナル」第7巻1号(2017年11月30日)に収められています。↓の頁から「試し読み」が出来る『北方四島をめぐるロシアの領有権主張について』で、1991年のゴルバチョフ訪日の準備としてロシア側でまとめた主張を元駐日ロシア大使が著書(アレクサ ...
一般論としては、確かに「降伏or講和の意思表示→休戦交渉→休戦協定合意→降伏or講和」というのはありますが、「1945年9月2日に調印すべき文書は本来は休戦協定だった(それが降伏文書に挿げ替えられてしまった)」と考えられたのは何故でしょう?そういう説をどこかで聞かれたのなら、その説の根拠は何でしたか?あるいは、質問者ご自身の「オリジナル」ならば、何故そう思ったのでしょう? 決して「バカに ...
「停戦の《調印》までは戦闘を継続しても何ら国際的に問題はない」って話をどこで聞かれたのでしょうか? 似たような質問がこのサイトでもあり、その一つに、結構真面目に「全然違いますよ」って回答したのですが、「9月2日迄の間は連合国側は戦闘しても問題ない」などという『真っ赤なウソ』を主張した人にBAが行って、さすがにちとガックリ来ているところです。 先に、ポイントを申し上げると… ...

Twitter (1 users, 1 posts, 2 favorites)

@HB2uRF3T0aNG1Ef (一)核ミサイルは次の瞬間の大量殺戮が物理的に可能な手段であり、(二)攻撃の意図が公式に表明されたから(本気でない等の言い訳は通用しない)。 「敵性」は古い概念でだが日本語の良い教科書が無いが、… https://t.co/wgRkjRPsA1

収集済み URL リスト